山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
ソフトウェア開発プロジェクト実習II
郷 健太郎/鈴木 智博/盧 暁南
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCS330 3 (未登録) 3 後期 III-IV
[概要]
本演習では,先行科目「データベース及び演習」,「ソフトウェア工学及び演習I」,「ソフトウェア工学及び演習II」,「ソフトウェアプロジェクト管理」および「ソフトウェア設計開発演習I」において習得した,各種の要求分析・設計・プロジェクトマネジメント・品質テストの手法を実践し,中・大規模なソフトウェアの開発を行う.ソフトウェア開発では,多くの人々がかかわって多数の成果物を限られた時間内に生成する.本演習では,複数人の学生がチームを構成し,チームの目標と期限を独自に設定し,その上でソフトウェアの要求分析,設計,実装,評価を行う.プロジェクトのプロセスはチームが管理し,問題が発生すれば解決を行う.これらの活動を通して,実際のソフトウェア開発において,何が問題でその解決が如何に難しいかを学習するとともに,開発に必要な実践的知識とスキルを修得することを目的とする.なお,本科目はPBL科目であり,学生による主体的かつ自律的なグループワークを行う.すなわち,教員より与えられた課題を学生が主体的に学習しながら演習内容を進行する.教員の与える課題は,ICT システムの設計,構築,運用とする.
[具体的な達成目標]
以下の項目が具体的な達成目標である.
1.チームを構成して目標と期限を設定し,その上でソフトウェアの要求分析と設計,実装,評価ができる.
2.上記のプロセスを管理し,問題があれば解決を行うことができる.
3.これらの活動を通して,ソフトウェア開発において何が問題でその解決が如何に難しいかを説明できる.
[必要知識・準備]
本演習では,受講者はコンピュータシステムの基礎,及び,プログラミング,ソフトウェア開発の基本的な知識を有することを仮定する.したがって,授業科目「情報処理及び実習」,「計算機アーキテクチャI, II」,「計算機アーキテクチャI演習」,「プログラミング基礎」,「プログラミング基礎演習」,「プログラミング応用」,「プログラミング応用演習」,「アルゴリズムとデータ構造I, II」,「アルゴリズムとデータ構造I演習」,「ハードウェア基礎実験」,「データベース及び演習」,「オペレーティングシステム」,「オペレーティングシステム演習」を予め履修し,その講義内容を充分理解していることが望ましい.また,「ソフトウェア工学及び演習I」,「ソフトウェア工学及び演習II」,「ソフトウェア開発プロジェクト実習I」を履修していることが望ましい.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 80  %プロジェクトのドキュメントやプログラム等の成果物で評価する 
2発表/表現等 20  %プロジェクト報告会でのプレゼン内容で評価する 
[教科書]
  1. 鶴保征城, 駒谷昇一共著, ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業 1 増補改訂版, 翔泳社, ISBN:4798119326,
    (2011年出版)

  2. 鶴保征城, 駒谷昇一共著, ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業 2 増補改訂版, 翔泳社, ISBN:4798119334,
    (2011年出版)
[参考書]
  1. 横瀬明仁(akiyoko)著, 現場で使えるDjangoの教科書 基礎編 v1.2.0, [出版者不明], ISBN:4802094744,
    (2019年出版)
[講義項目]
1. ガイダンス,ソフトウェア企画の発案,プロジェクト・マネジメント
2. システム提案書の作成
3. Python入門
4. Gitによるバージョン管理
5. Djangoによるwebアプリケーション開発 1
6. Djangoによるwebアプリケーション開発 2
7. Djangoによるwebアプリケーション開発 3
8. Djangoによるwebアプリケーション開発 4
9. プロジェクト報告会 1 (システム提案)
10. プロジェクト報告会 1 (システム提案)
11. GitHubを使ったチーム開発 1
12. GitHubを使ったチーム開発 2
13. GitHubを使ったチーム開発 3
14. GitHubを使ったチーム開発 4
15. 開発計画書と総合テスト項目の作成 1
16. 開発計画書と総合テスト項目の作成 2
17. コーディング 1
18. コーディング 2
19. コーディング 3
20. コーディング 4
21. デプロイ
22. 開発計画の見直し
23. 単体テスト 1
24. 単体テスト 2
25. 総合テストとデバッグ 1
26. 総合テストとデバッグ 2
27. 報告会の準備 1
28. 報告会の準備 2
29. プロジェクト報告会 2 (最終成果物の発表)
30. プロジェクト報告会 2 (最終成果物の発表)
[教育方法]
ソフトウェア開発を具体的に体験するために,チームでの活動が主となる.
各週においてチームで行った活動記録を作成してもらう.
ZOOMによるライブ型の授業を中心に,各種のオンラインツールを使って実習を支援する.
[実務経験のある教員による授業科目の概要]
ソフトウェア開発やプロジェクト管理に現在携わっている非常勤講師により技術内容を指導する.また,その経験をもつシニアマネージャーである非常勤講師(山梨県情報通信業協会より派遣された外部講師)が,個別に開発チームの進捗内容と成果物にアドバイスする.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
特になし.