山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
計算機アーキテクチャI演習
吉川 雅修
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCS113 1 (未登録) 1 後期 III
[概要]
情報表現と論理代数に関する演習と,命令セットアーキテクチャレベルでCPUの動作過程を理解するための演習の二つを実施する.前者では,実験を通して論理回路の基礎を学ぶ.後者では,高水準言語のプログラムでの記述が計算機中でどのように変換され,実行されるかについての基礎を知る.
[具体的な達成目標]
(1)情報表現,論理代数の基礎を理解する.
(2)基礎的な論理回路の構成を習得する.
(3)命令セットアーキテクチャの基礎を習得する.
(4)アセンブリコードの解読と,簡単なプログラム記述ができる.
(5)高級言語でのプログラム記述と計算機での実行過程との関係を知る
[必要知識・準備]
・「計算機アーキテクチャI」を並行して履修することを前提とする.
・前期科目「情報処理及び実習」,「プログラミング基礎」,「プログラミング基礎演習」が既習であることを前提とする.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 30  %主に達成目標(3)(4)(5)の理解度を評価する. 
2試験:中間期 30  %達成目標(1)(2)の理解度と(3)(4)の基本部分の理解度を評価する. 
3小テスト/レポート 18  %実験内容の理解度をレポートで,事前学習の到達度を小テストで評価する. 
4受講態度 18  %演習課題の達成度を提出物などで評価する. 
5発表/表現等 4  %授業前後の振り返り省察の記述実績を評価する. 
[教科書]
  1. 日向 俊二, C プログラムの中身がわかる本, 翔泳社, ISBN:978-4798116389
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
第1回:科目ガイダンス、情報表現と論理(1)論理回路の基礎と実験準備
第2回:情報表現と論理(2)論理演算,論理回路
第3回:情報表現と論理(3)組み合わせ論理回路
第4回:情報表現と論理(4)順序回路  〔レポート作成〕
第5回:アセンブリプログラム(1)CPUとメモリ,文字列の出力,整数の代入・加減演算
第6回:アセンブリプログラム(2)アドレス指定の書式,整数の乗除演算
第7回:アセンブリプログラム(3)データ読み込み,デバッガでの動作解析
第8回:中間評価(試験とまとめ)
第9回:アセンブリプログラム(4)フラグとジャンプ:条件分岐の実現
第10回:アセンブリプログラム(5)フラグとジャンプ:反復制御の実現
第11回:アセンブリプログラム(6)データ構造:実数,文字列,構造体
第12回:アセンブリプログラム(7)関数(1) 関数定義と関数呼び出し
第13回:アセンブリプログラム(8)関数(2) ポインタ引数,配列引数
第14回:コンパイラによるアセンブリプログラムの最適化
第15回:総括評価とまとめ
[教育方法]
【授業実施様態】Moodle利用のオンデマンド型授業とオンラインライブ型授業を混用する.教材提示やテスト実施にはMoodleサーバを利用する.対面環境での実験が可能になった場合はKKI教室を使用する.
【反転学習】事前学習を必須とする.教科書,電子教材そして確認テストを学習する.
【授業時間】事前学習を前提にした知識確認・知識活用の課題に取り組む.
【補完教材】計算機アーキテクチャの基礎知識について補完する自学用教材を提供する.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
・科目「計算機アーキテクチャ I」とは独立に進行する(直近の「計算機アーキテクチャ I」の授業内容を問題演習する科目では無い).