山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 生活と健康II
時間割番号 CBC002 F
担当教員名 木島 章文/篠原  学/藤本 俊/志村 結美/伊藤 一帆/門野 圭司
開講学期・曜日・時限 後期・火・IV 単位数 1
<対象学生>
工(メ土)
<授業の目的>
大学生活に限らず生涯にわたる健康的な生活の持続と,学問に取り組む姿勢や基礎的なコミュニケーション能力を身につけることを目指す.特に成人,社会人としての生活や健康に関する教養を習得し,その情報の取捨選択能力を高める.また様々な身体活動(実技)プログラムを体験し,自己・他者理解を深め,良好な人間関係を構築する基盤を整備する.
<到達目標>  到達目標とは
・生涯にわたる健康維持増進力を身につけるため,大学生活に限らず生涯にわたる健康的な生活の持続と,学問に取り組む姿勢や基礎的なコミュニケーション・スキルを身につけることができる
・成人,社会人としての生活や健康に関する教養を習得し,情報リテラシーを身につける観点からその情報の取捨選択能力を高め,情報を正しく利活用することができる
・コミュニケーション・スキルや問題解決能力を高めるため,様々な身体活動(実技)プログラムを体験し,自己・他者理解を深め,良好な人間関係を構築する基盤を整備することができる
<本授業科目による獲得・涵養が特に期待されるコンピテンシー(能力・資質)>
No.コンピテンシー(能力・資質)説明 
1教養多様な知識の獲得単位を取得した教養教育科目の概要と、重要な基礎的事項を説明できる。
2健康維持増進力心身の健康を維持・増進する方法について説明できる。
<授業の方法>
講義,グラウンドにおける実技.実技はソフトボールから始め,受講生と知恵を出し合いながらコロナ禍に対応したサッカーを立案・実践する.講義および実技は,対面での実施を予定している.
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 40  %健康の維持・増進する知識を身につけられたかを判断するため,講義の内容に関する理解度を評価する 
2受講態度 60  %コミュニケーション・スキルや問題解決能力を含む実技能力を評価する.この視点から,各出席時限で指定された活動への積極的態度(意欲)に加え,その場で生じた問題に対する個人的工夫(思考・判断)を含め統合的に評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
1.4月初めに行われる定期健康診断を受診しない者は受講できない(本年度に限り,この条件は絶対としない)
2.当該クラスでは授業当日に,2週間遡った間の健康状態をMoodleのオンライン質問紙でチェックする(所要時間一分以内).これに回答しなければ当該日の授業は受講できない.
3.実技を伴う授業の当日に天候不良があっ場合はZoomトレーニング授業へと変更し,基本的には室内教場を用意する.随時CNSを確認して指示に従うこと.
4.実技を伴う授業の際には,運動に適した服装とシューズを着用しなければ受講できない
5.生協書籍部にて手続きを確認し,生活と健康 I・IIテキスト(電子書籍版)を購入・ダウンロードしておくこと
<テキスト>
  1. 山梨大学教育学部,生活と健康テキスト編集委員会, 生活と健康 I・IIテキスト(電子書籍版)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
(番号は学習順序を示すものではない)
01. 大学生のための消費者教育(担当:志村結美)
02. 大学生活における健康管理(担当:高山一郎)
03. オリンピック教育2(担当:藤本俊)
04. 経済と健康(担当:伊藤一帆・門野圭司)
05. 各ライフステージにおける健康づくり(睡眠と健康を含む)
06. 性に関する知識とライフスキル
07. ソフトボール:ルールの策定と簡易ゲーム
08. グローブとボール扱いの確認(+ゲーム)
09. ノック練習を用いたチームの守備固め(+ゲーム)
10. グラウンドに打ちつける打撃動作の確認(+ゲーム)
11. レベルスイングによる打球と飛球の処理(+ゲーム)
12. 対抗戦(1)
13. 対抗戦(2)
14. コロナ禍における安全なサッカーゲームの可能性(1)
15. コロナ禍における安全なサッカーゲームの可能性(2)
<実務経験のある教員による授業科目の概要>
一部の教員は公的研究機関での健康や生活に関する実務経験をもとに講義を行います。
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。