山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 哲学倫理思想史
時間割番号 EES244
担当教員名 相澤 康隆
開講学期・曜日・時限 後期・金・IV 単位数 2
<対象学生>
2〜4年生
<授業の目的および概要>
古代から近世までの西洋哲学史を概観し、西洋の哲学者たちがどのような問題に取り組み、またそれらの問題についてどのように考えてきたのかを学ぶ。
<到達目標>
西洋哲学史の基礎知識を身につけることができる。
<授業の方法>
受講者による発表と全体での討論。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1受講態度 30  %授業中の積極的な発言を評価する。 
2発表/表現等 70  %どれだけよく調べ、考えたかを評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
発表、議論にまじめに取り組む態度を求めます。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 今道友信, 『西洋哲学史』, 講談社(講談社学術文庫)
  2. 熊野純彦, 『西洋哲学史:古代から中世へ』, 岩波書店(岩波新書)
  3. 熊野純彦, 『西洋哲学史:近代から現代へ』, 岩波書店(岩波新書)
<授業計画の概要>
【第1回】 ガイダンス
【第2回】 ソクラテス以前の哲学
【第3回】 ソクラテス
【第4回】 プラトン
【第5回】 アリストテレス
【第6回】 ヘレニズム哲学
【第7回】 アウグスティヌス
【第8回】 トマス・アクィナス
【第9回】 デカルト
【第10回】ホッブズ
【第11回】ライプニッツ
【第12回】ロック
【第13回】バークリー
【第14回】ヒューム
【第15回】まとめ