山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 日本語教授法
時間割番号 EEJ164
担当教員名 伊藤 孝恵
開講学期・曜日・時限 後期・火・IV 単位数 2
<対象学生>
留学生/日本語非母語話者で当該科目の履修を希望する場合は、2020年9月18日(金)に行われる留学生向け日本語プレイスメント・テストの結果で履修が認められた者。日本語母語話者はこの限りではない。
<授業の目的および概要>
日本語を日本語非母語話者に教えるにあたって必要な教授法や教材選び、評価法などの基礎を一通り概観し、日本語を教える基礎知識を身につけます。
<到達目標>
日本語非母語話者に日本語を教えるのに必要とされる基礎知識(教授法や評価法など)が身につく。
<授業の方法>
講義を中心にDVDなども使用し、授業を展開していきます。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 35  %後半の授業の理解度 
2試験:中間期 35  %前半の授業の理解度 
3小テスト/レポート 20  %振り返りノート 
4受講態度 10  %授業への積極性(単位取得のためには2/3以上の出席が必要) 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
・本科目を履修するにあたって、「日本語教育概論」の単位を修得済み、もしくは当該科目を履修中であることが望ましいです。
<テキスト>
  1. 佐々木泰子編, ベーシック日本語教育, ひつじ書房, ISBN:978-4-89476-285-5
<参考書>
  1. 坂本正、川崎直子、石澤徹(監修)  近藤有美、水野愛子(編), 日本語教育への道しるべ 第3巻, 凡人社, ISBN:978-4893589279
<授業計画の概要>
01.オリエンテーション、日本語教育の概要
02.コースデザイン、ニーズ分析、レディネス調査
03.シラバスデザイン、カリキュラムデザイン
04.様々な教授法1
05.様々な教授法2
06.様々な教授法3
07.様々な教授法4
08.前半のまとめと評価
09.教材開発・分析(教科書・教材・教具、視聴覚教材)
10.授業の計画と実施(初級レベル)1
11.授業の計画と実施(初級レベル)2
12.授業の計画と実施(初級レベル)まとめ
13.授業の計画と実施(中級レベル以上)
14.評価法
15.後半のまとめと評価

* 上記の内容・順序等を受講生の理解度や必要性等に応じて変更することもあります。
<実務経験のある教員による授業科目の概要>
日本国内外の大学において、日本語非母語話者を対象に日本語教育を行ってきた経験を踏まえ、具体的な事例も紹介したいと思います。