山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 キャリア形成実習1
時間割番号 TPC203
担当教員名 各教員
開講学期・曜日・時限 集中・(未登録)・(未登録) 単位数 1
<対象学生>
学大将プロジェクト
<授業の目的>
本学部の教育プロジェクトである「学大将プロジェクト」における一つの事業であるマイハウスプロジェクトは、学科横断的に複数の教員から構成される「キャリアハウス」または「ベンチャーハウス」に、希望者を1年次から配属してキャリア形成を促すプロジェクトである。すなわち、卒業研究の効用を応用して、低学年から研究を教育に結び付けた特徴付け・魅力付けを行うことによって、学生の意欲・能力を伸ばすこと目標としている。2年次前期に開講される本科目では、1年次に配属されてから習得した知識・技能に基づき、自身が3年次終了までに実施したい研究計画・起業計画を練り、計画書を執筆して提出する。また、当該年度の新入生に対して、所属ハウスを紹介するプレゼンテーションを行う。
<本授業科目による獲得・涵養が特に期待されるコンピテンシー>(能力・資質)
工学部(~2023年度入学生)>機械工学科向け
記号コンピテンシー(能力・資質) 
ME-A専門機械技術者として社会の要求を満たすための問題を設定しそれらを自力で解決するとともに、持続して自己の能力の向上に努めることができる。
ME-B機械工学の知識・技術に加えて、機械工学に関する最先端の技術を修得し、多様化する社会の要請に応じて、それを利用・応用することができる。
ME-C基礎的・専門的学力や論理的な表現力さらにコミュニケーション能力を修得し、科学的知見と技術を総合して社会的課題を解決する能力を身につける。
工学部(~2023年度入学生)>電気電子工学科向け
工学部(~2023年度入学生)>コンピュータ理工学科向け
記号コンピテンシー(能力・資質) 
CS-A専門3.他者に正しく理解してもらうための論理的な文書での記述力と口頭での発表力をもち、それらを円滑に駆使してコミュニケーションすることができる。
CS-B5.時代の変化に対応できるよう、最新の技術動向を考慮して、自律的・継続的に学習できる。
工学部(~2023年度入学生)>メカトロニクス工学科向け
記号コンピテンシー(能力・資質) 
JM-A専門4.三分野の知識を利用した分野をまたがった活用研究・開発の目的を十分理解した上で、その目的に応える問題解決ができる。
JM-B5.研究・開発工程を把握・設計できる基礎技術と、研究・開発遂行に必要なコミュニケーション能力の習得異なる技術分野をコアとする技術者とともに、目的の共有と課題の把握ができ、その解決方法について議論できる。
JM-C課題を解決するための提案、デザイン、手順を含む構成要素を議論でき、それに基づいて実行できる。
工学部(~2023年度入学生)>土木環境工学科向け
工学部(~2023年度入学生)>応用化学科向け
工学部(~2023年度入学生)>先端材料理工学科向け
記号コンピテンシー(能力・資質) 
AM-A専門2.専門的知識・技術融合科学技術
<到達目標>  到達目標とは
目標NO説明コンピテンシーとの対応
MECSJMAM
1自主的な活動を計画するために必要な知識・技能を習得する。ME-ACS-BJM-AAM-A
2限られた時間の中で実施することが可能な規模の活動を計画する能力を習得する。ME-BCS-AJM-B
3自身で練った計画を、計画書としてまとめる能力を習得する。ME-CCS-AJM-C
4効果的なプレゼンテーションを行うための基本技術を習得する。
<成績評価の方法>
目標No割合評価の観点
140%受講生に与えた課題/自発的に発見した課題への取り組みを通じて、修得した知識・技能を評価する。
220%受講生から提出された計画の素案のチェックおよび質疑応答により、研究活動計画能力を評価する。
320%計画書としてまとめる能力を、提出された計画書で評価する。
420%実際にプレゼンテーションさせて、プレゼン技術および伝達力を、評価する。
合計100% 
<授業の方法>
所属ハウスにおいて1年次に習得した知識,およびパワーポイントなどのプレゼンテーションソフトを扱うための情報リテラシーを必要とする。
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
  1. 所属ハウス教員によって指定される場合あり
<参考書>
  1. 所属ハウス教員によって紹介される
<授業計画の概要>
1タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
2タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
3タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
4タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
5タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
6タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
7タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
8タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
9タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
10タイトルハウスごとに準備された研修課題を実施し、それを通じて研究計画・起業計画の立案に必要な知識・技能を習得する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
11タイトル研究計画・起業計画を立案し、計画書を執筆する。
事前学習
事後学習
ハウス教員の指示に従う。
授業内容ハウスごとに異なる内容となる。
12タイトル研究計画・起業計画を立案し、計画書を執筆する。
事前学習
事後学習
事前学習:研究テーマ・計画の大枠を考案する。事後学習:教員からのアドバイスを受け,さらに計画を検討する。
授業内容・研究テーマ・計画の大枠をハウス教員に示し,アドバイスを受ける。
・自身として研究計画を立案し,計画書を執筆する。執筆完了したらハウス教員に提出し,アドバイスを受ける。
13タイトル研究計画・起業計画を立案し、計画書を執筆する。
事前学習
事後学習
事前学習:教員からのアドバイスを受け,さらに計画を検討する。事後学習:ハウス教員の指示に従う。
授業内容・ハウス教員から受けたアドバイスを参考にして,研究計画書を推敲する。
・完成版をハウス教員に提出し,確認印をもらう。
14タイトルハウスの活動内容を新入生に紹介するためのプレゼンテーション資料を作成する。
事前学習
事後学習
事前学習:プレゼンテーションソフトの使用法を復習する。プレゼンテーション資料の大枠を準備する。事後学習:ハウス教員のアドバイスを受けて,プレゼンテーション資料を改善する。
授業内容・4分間のプレゼンテーションを想定して,1年生に当該ハウスでの活動の魅力を伝えるプレゼンテーション資料を作成する。
・ハウス教員に対してプレゼンテーションを行い,内容のみならず発表技術を含めてアドバイスを受ける。
15タイトル自身で作成した資料を用いてプレゼンテーションを実施する。
事前学習
事後学習
事前学習:発表時間厳守を念頭において,発表練習を行う。事後学習:発表内容・技術についてハウス教員からのフィードバックを受け,次のプレゼンテーション機会にそなえて振り返りを行う。
授業内容・1年生を対象としたマイハウス活動説明会において4分間のプレゼンテーションを行い,当該ハウスの活動を紹介する。
・1年生からの質問があった場合には応対し,ハウス活動に取り組むことの得失を伝える。
<前年度授業に対する改善要望等への対応>
集中講義科目であるため該当しない。
<備考>
(未登録)