山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
陸水水質評価特論
坂本  康/風間 ふたば/西田  継/原本 英司
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
PTM702 2 (未登録) 1 後期 II
[概要と目標]
[Advanced Water Environment Assessment]
Environmental issues and the applied methodologies are outlined specifically on terrestrial environments such as groundwater, river or lake. Natural and human-induced water contents, estimations of pollutant load and health risk/guideline, modeling water quality incorporated with infiltration/flow/runoff processes are discussed. English is potentially used.
陸域の水環境(地下水、河川、湖沼)における諸問題と研究手法について学ぶ。森林、農地、市街地、事業所等から発生する自然及び人為由来の水質成分の特徴と、水環境に関わる健康および生活環境項目に対する規制の概念を習得する。また、公共用水域モニタリングや閉鎖性水域に対する総量規制などの実務を念頭に、モニタリング指標の意義と問題点、汚濁負荷発生量の推定法について、演習を交えて理解する。多国籍の受講者を対象とするため、英語の使用を前提とする。
[到達目標]
- Understanding basic concept of water quality control and calculation of guideline values
- Understanding basic concept of water quality modelling and capable of introducing the equations
- Utilising above knowledge to interpret real situation of water environment
・環境管理に必要な水質成分の特徴と規制の方法を理解する
・水質に関わる規制値の設定と管理に関わる行政的手続きの実例を理解する
・水質に関わるアセスメントの手順と実例を理解する
[必要知識・準備]
Basics of water quality is desirable.
水質に関する基礎知識を持っていることが望ましい。
[評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %Approriateness of the theme and logicality of the structure. 論理的に記述、考察できているか 
2受講態度 30  %Assess the understanding through the class work. 科目参加への積極性、演習の内容等 
[教科書]
  1. Not designated. Related literatures or research examples will be introduced when necessary.
[参考書]
  1. Not designated. Related literatures or research examples will be introduced when necessary.
[講義項目]
1 Introduction (Sakamoto, Kazama, Nishida, and Haramoto)
2 Health-related items (Haramoto)
3 Outline of microbiological indicators (Haramoto)
4 Future of microbiological indicators (Haramoto)
5 Outline of living environmental items (Nishida)
6 Future of living environmental items (Nishida)
7 Methods for water quality monitoring and principle of loading estimation (Nishida)
8 Environmental impact assessment (EIA) in Japan (Sakamoto)
9 Examples of EIA: groundwater pollution (Sakamoto)
10 Tools for EIA: model simulation (Sakamoto)
11 Examples of governmental procedures for setting water quality standards: health items (Kazama)
12 Examples of governmental procedures for setting water quality standards: items for conservation of the living environment (Kazama)
13 Management of water quality and activities of citizens (Kazama)
14 Group discussion 1 (Sakamoto, Kazama, Nishida, and Haramoto)
15 Group discussion 2 (Sakamoto, Kazama, Nishida, and Haramoto)
1 イントロダクション(全員)
2 健康項目(原本)
3 微生物学的指標の概要(原本)
4 微生物学的指標の課題(原本)
5 生活環境項目の概要(西田)
6 生活環境項目の課題(西田)
7 水質モニタリングの手法と汚濁負荷発生量推定法の原理(西田)
8 日本における環境影響評価(EIA)(坂本)
9 アセスの実例:地下水汚染(坂本)
10 EIAの手法:モデルシミュレーション(坂本)
11 規制値設定に関わる行政手続きの実例:健康項目(風間)
12 規制値設定に関わる行政手続きの実例:生活環境項目(風間)
13 水質管理と市民活動(風間)
14 グループディスカッション1(全員)
15 グループディスカッション2(全員)