山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 行政法II
時間割番号 LSS235
担当教員名 若生 直志
開講学期・曜日・時限 後期・火・III 単位数 2
<対象学生>
地域社会システム学科2〜3年 環境科学科3年
<授業の目的および概要>
 公害を防止し、環境を保全するための法制度(=環境法)について、主に行政法的観点から学びます。環境法の基本的な考え方を習得した上で、主要な環境問題とそれに対する法的対応について、理解を深めます。
なお、環境法には行政法以外にも民事法や国際法からのアプローチがあるため、それらについても適宜触れることがあります。
<到達目標>
1.環境法の基本的な用語や概念について説明できること
2.環境問題について法学的観点から対応策を提示できること
<授業の方法>
 講義形式。毎回レジュメを配布します。理解度確認のためのリアクションペーパーを毎回課す予定。
 予習については、配布資料に目を通してください。余力があれば、参考書等の該当箇所を一読しておくと効果的です。
どちらかと言えば復習に重点を置いてください。講義でとったノートを読み返し、必要に応じて参考書等を用いるなどして、学んだことを整理してください。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 85  %環境法の基礎的な考え方や制度について理解できているかを問う。 
2小テスト/レポート 15  %リアクションペーパーを課す。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
 環境法が取り組むべき課題は多岐に渡ります。あるべき法理について共に考えてもらいたいと思います。
 行政法IIのみの履修も可能ですが、前期開講の行政法Iを予め履修した方が理解が深まると思います。
<テキスト>
  1. 特に指定しません。
<参考書>
  1. 北村喜宣, プレップ環境法〔第2版〕, 弘文堂, ISBN:978-4335313158
  2. 大塚直ほか編, ベーシック環境六法〔7訂〕, 、第一法規, ISBN:978-4474054707
<授業計画の概要>
1 ガイダンス、環境法の基礎
2 日本の公害と法的対応
3 現代的環境問題の特徴と法的対応
4 環境権
5 環境法の基本原則
6 個別環境法の基本構造
7 環境影響評価法
8 水質汚濁防止法
9 大気汚染防止法
10 土壌汚染対策法
11 廃棄物処理法
12 リサイクル法
13 自然保護法
14 環境訴訟
15 まとめ