山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
リプロダクティブヘルス論
担当教員
中込 さと子
時間割番号
単位数
履修年次
期別
H007213 1 3 前期
[学習目標]
国内外におけるリプロダクティブヘルス/ライツ、異文化の様々な価値観、様々な学問分野の考え方を学び、プライマリーヘルスケアに関与するための諸理論を学ぶ。
[授業計画
6月6日	<水>	3限	中込	リプロダクティブヘルス・ライツとプライマリーヘルスケアの概念 女性に特化した健康課題
4限 中込 リプロダクティブヘルス・ライツとプライマリーヘルスケアの概念 女性に特化した健康課題
6月13日 <水> 3限 宮本まき子 性教育、女性の生涯にわたるリプロダクティブヘルスケア
4限 宮本まき子 性教育、女性の生涯にわたるリプロダクティブヘルスケア
6月20日 <水> 3限 宮本 和子    カンボジアにおける国際母子保健活動 
4限 宮本 和子    カンボジアにおける国際母子保健活動 
6月27日 <水> 3限 岡 園代    早産児・ハイリスク新生児医療/家族ケア;family centered care
4限 岡 園代    早産児・ハイリスク新生児医療/家族ケア;family centered care
7月11日 <水> 4限 中込    まとめ
[到達目標]
本科目終了時には、リプロダクティブヘルス/ライツに関する視野が広がるでしょう。また人々の健康行動は、帰属する社会の歴史や文化的価値と密接に関連していることを理解することができるでしょう。そして多角的に物事をとらえ、個人の考えや選択を尊重する態度を習得することができるでしょう。

A.知識
リプロダクティブヘルス/ライツとプライマリーヘルスケアの概念を説明できる。
リプロダクティブヘルス/ライツに対する助産師の役割を説明できる。
リプロダクティブヘルス/ライツを守るためのShared Decision Makingを説明できる。
B.技術
リプロダクティブヘルス/ライツを守るためのセルフケア能力を高める助産ケアを実践できる。
C.態度
助産師としての性に対する倫理的配慮、人間関係技能を向上させる。
[評価方法]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 80  %3題のレポート (1)20,(2)20,(3)40 
2受講態度 20  %講義内のディスカッション 態度3分の2以上の出席は必須  
[教科書]
(未登録)
[参考書]
(未登録)