山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
母性看護学実習
担当教員
佐々木 美果/小林 康江/浅野 浩子
時間割番号
単位数
履修年次
期別
H004364 2 4 前期
[学習目標]
1.基本方針
妊産褥婦、胎児・新生児の健康の保持・増進をはかるため、対象の理解に基づいた看護過程を展開し看護を実践する。

2.実習目的
1)周産期にある母子の健康の保持・増進、疾病の回復を支える看護についての理論的思考にもとづく問題解決能力と看護実践力を向上させる。
2)家族形成に伴う健康課題のつながりをとらえた問題解決方法を学ぶ。
[授業計画
1)実習期間  3年次後期〜4年次前期
2)実習場所  山梨大学医学部附属病院 4北病棟(産科病棟)、助産外来
3)実習内容
(1)受持ち実習 : 褥婦と新生児を受け持つ実習
         (受け持てる産後の母子がいない場合は妊婦・産婦を受け持つ。)
(2)カンファレンスを通した実習
(3)実習全体を通して、多角的に母性看護を捉える学習
[到達目標]
実習目標
1)対象理解のための理論的思考力を獲得する。
(1) 妊娠、分娩、産褥期の女性の身体の変化を理解する。
(2) 妊娠、分娩、産褥期の女性の心理的変化を理解する。
(3) 妊娠、分娩、産褥期の変化に伴い、女性にどのような社会的変化が生じているかを理解する。
(4) 胎児・新生児の成長発達の経過を理解する。
(5) 母と子の相互作用について理解する。
(6) パートナー、家族の心の動きと相互作用の関係性の変化について理解する。
(7) 細やかな感情を持つ妊産褥婦とのコミュニケーションスキル、女性から信頼されるための豊かな人間性と態度を身につける。
2)母性看護における問題解決力と看護実践力を習得する。
(1) 妊産褥婦、胎児・新生児の健康問題・課題を明らかにする。
(2) 妊産褥婦、胎児・新生児、パートナー、家族の状況に応じた目標の設定と援助計画の立案をする。
(3) 受け持った母子双方のアセスメントに基づく看護援助を実践・評価する。
(4) 母性看護学実習を通して、母性看護の役割について考える。
3)看護学生としての豊かな人間性を身につけ、責務を果たす。
(1) 責任感を持ち、倫理的な態度で実習に取り組む。
(2) 積極性があり、主体的に学習に取り組む。
(3) 他の学生や医療チームの一員として連携し、母子のケアに取り組む。
(4) 実習記録物の取り扱いに注意し、期限内に提出できる。
[評価方法]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %受け持ち事例の実践 
2小テスト/レポート 25  %看護技術到達度 
3受講態度 10  %実習態度 
4発表/表現等 15  %カンファレンス参加度 
[教科書]
  1. 横尾京子他編, ナーシンググラフィカ 母性看護実践の基本, メディカ出版 2015, ISBN:978-4-8404-4137-7
  2. 横尾京子他編, ナーシンググラフィカ 母性看護技術, メディカ出版 2016, ISBN:978-4-8404-4138-4
  3. 新道幸恵他編, 母性看護学2 マタニティサイクルにおける母子の健康と看護, メヂカルフレンド社, ISBN:978-4-8392-3288-7
[参考書]
(未登録)