山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
リモートセンシングと地理情報I
舛谷 敬一/石平  博/馬籠  純
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
GTR503 1 (未登録) 1 後期 I
[概要と目標]
技術力を養成する導入科目である。環境研究に必要な基礎技術のうち、現況の把握や変化の予測に求められる多様な情報の取得・解析に関する能力を養う。特に、1)リモートセンシングによる広域環境情報の収集、2)地理情報システムを用いた空間情報の処理・解析、3)時系列データ解析、空間相関解析の手法について、講義とグループワーク形式の実習を通じて学ぶことにより、環境情報を的確に活用するための基礎理論と技術を習得する。多国籍の受講者を対象とするため、英語の使用を前提とする。
なお、この科目はディプロマポリシーの下記項目に対応している。
B 環境データを取得し可視化する基礎技術を習得し活用できる。
G 協議と調整を通して他者との合意形成を図ることができる。
[到達目標]
リモートセンシング、GISの原理と基礎理論を理解し、空間情報の取り扱い方などを習得する。
[必要知識・準備]
コンピュータの使い方・基礎的な知識を有すること。
[評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %論理的に記述、考察できているか 
2受講態度 50  %講義中の質疑応答等や演習に対して積極的であったか 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
第1回 イントロダクション
第2回 リモートセンシングの概念
第3回 リモートセンシングの基礎理論
第4回 演習1:衛星画像の扱い方
第5回 衛星画像の補正
第6回 演習2:幾何補正
第7回 陸域のリモートセンシング
第8回 演習3:植生指数および土地被覆分類の解析
第9回 GISの概念
第10回 GISデータの構造と作成方法
第11回 演習4:GISデータの可視化
第12回 空間情報解析手法
第13回 演習5:GISを用いた空間情報解析
第14回 演習6:GISを用いた環境情報解析
第15回 まとめ