山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
シビルマネジメント工学社会実践
各教員
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
GTC502 2 (未登録) 1 後期 V
[概要と目標]
地域のプロジェクト等の社会的に実践する現場に参加し,研究と社会のつながりについて実践的経験を積む。その際にコミュニケーション手段としての書類作成やプレゼンテーション,会議のマネジメントを補助・主導することで,多様な価値観やバックグラウンドを持つ人々が適切に意見を交換できる場づくりについて実践的に学ぶ。
[到達目標]
土木環境技術が実践的に使われる際に必要なマネジメントやコミュニケーションが円滑に進むにはどういったことが必要であるかを修得する。
[必要知識・準備]
参加する実践現場に応じて各自課題を設定し、積極的に参加するとともに,レポートを作成することで必要な知識を身につける。
[評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %実践についてのレポート内容についての評価 
2受講態度 50  %実践のカウンターパートによる評価 
[教科書]
  1. 各教員が必要に応じて指定
[参考書]
  1. 特になし
[講義項目]
第1回 参画する対象に対しての基礎学習(各専攻担当教員)
第2回 参画する対象に対しての基礎学習(各指導教員)
第3回 参画する対象に対しての基礎学習(各指導教員)
第4回 参画する対象に対しての基礎学習(各指導教員)
第5回 実践のための準備(各指導教員)
第6回 実践のための準備(各指導教員)
第7回 実践のための準備(各指導教員)
第8回 プロジェクト等への参加と資料作成(各指導教員)
第9回 プロジェクト等への参加と資料作成(各指導教員)
第10回 プロジェクト等への参加と資料作成(各指導教員)
第11回 プロジェクト等への参加と資料作成(各指導教員)
第12回 プロジェクト等への参加と資料作成(各指導教員)
第13回 プロジェクト等への参加と資料作成(各指導教員)
第14回 プロジェクト等への参加と資料作成(各指導教員)
第15回 実践についての総括プレゼンテーション