山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 サイエンスコミュニケーション
時間割番号 GSC503 B
担当教員名 郷 健太郎
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 1
<対象学生>
初めて英語でプレゼンテーションを行う学生
<授業の目的および概要>
専門家ではない人々に対して、科学の重要性や、研究の成果を正しく伝えることの重要性が高まっている。本講義では、高度専門職業人としての表現能力・交渉能力を磨き、国際的な通用性と信頼性を向上させるため、コミニュケーションの方法論について学修する。受講者には自分の研究内容を他者に伝えるためのプレゼンテーションを課し、その内容を相互に評価しあうことで、コミュニケーション能力を養うトレーニングを行う。英語による口頭発表、及び論文の作成法についても講義する。
<到達目標>
・サイエンスコミュニケーションの重要性を理解し他者の対場に立ったプレゼンテーション内容を考えられる
・科学技術分野における実用英語を学び英語によるプレゼンテーションができるようになる
<授業の方法>
・科学英語表現に必要な知識・表現技術を講義する。
・英語での議論に必要なコミュニケーションを練習する。
・与えられた課題を調査し、英語でプレゼンテーションする。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1発表/表現等 100  %プレゼンテーショなどの演習への取り組みにおいて、発表内容を評価します。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
プレゼンテーションをビデオ撮影して放送する可能性があります。
<テキスト>
  1. Kyota Ko,Simon Gillett/著 近藤科江,山口雄輝/監, テツヤ、ディスカッションしようか, 羊土社, ISBN:978-4-7581-0846-1
  2. 愛場吉子, 英語のプレゼン 直前5日間の技術, アルク, ISBN:978-4-7574-2492-0
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回 サイエンスコミュニケーションの重要性
第2回 議論の英語表現(1)、プレゼンの構成と導入
第3回 議論の英語表現(2)、スライドを作る(1)
第4回 理論の英語表現(3)、スライドを作る(2)
第5回 理論の英語表現(4)、プレゼンテーションの最終チェック
第6回 英語によるプレゼンテーションと相互評価(1)
第7回 英語によるプレゼンテーションと相互評価(2)
第8回 総括