山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
地域看護活動論1(地域看護活動の基本)
担当教員
神崎 由紀/坂井 郁恵/宮田 知子/武井 勇介/相原 正男
時間割番号
単位数
履修年次
期別
DNF202 2 2 後期
[学習目標]
人々の健康状態や生活状況について、地域特性や対象者特性をふまえて理解し、対象者に合わせた健康増進や疾病予防、介護予防のための支援方法について理解できる。
[授業計画
11月26日(月)3・4・5時限 地域看護活動の方法 
11月28日(水)1・2時限   母子保健活動と保健師の役割
12月 3日(月)3時限    乳幼児期の成長発達と発達障害
       5・6時限   エイズ特別講演(医学科と合同授業)
12月 5日(水)1・2時限   地域における子育て支援体制
12月17日(月)3・4・5時限 高齢者保健福祉活動と介護予防
12月19日(水)1・2時限   学校保健 
1月 7日(月)3・4・5時限 成人保健対策(特定健診・特定保健指導)   
1月 9日(水)1・2時限   健康づくりと生活習慣病予防  
1月16日(水)1・2時限   精神保健福祉の動向と自殺予防
1月21日 (月) 3・4時限 感染症対策と保健師活動    
1月23日(水)1・2時限   難病保健福祉活動と患者・家族支援   
3・4時限 へき地における地域看護活動 
1月28日(月)3・4時限  地区組織活動と地域づくり
1月30日(水)2時限    定期試験
[到達目標]
行動目標
知識
・発達段階別、対象別の保健福祉対策と地域看護活動を説明できる。
・対象者の健康課題の解決に必要な社会資源、保健福祉制度について理解できる。
・地域特性に応じた地域ケアの実践の特徴を理解できる。
態度
・対象者の状況に合わせたケア方法を選択することができる。
・対象者の発達段階や特徴に合わせ、地域ケアを発展させるための支援方法をグループワークで考えることが出来る。
・グループワークに参加し、対象者のQOLの向上をめざした支援方法について意見を述べることができる。
[評価方法]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 70  %テストにより実施する。6割以上を合格とする。 
2小テスト/レポート 20  %授業時間内に示す課題を提出することを合格の条件とする。 
3発表/表現等 10  %出席・表現方法・グループワークの積極性等を評価する。 
[教科書]
  1. 荒賀直子、後関容子, 第4版データ更新版公衆衛生看護学 .jp, インターメディカル, ISBN:978-4-900828-76-7
  2. 厚生労働統計協会, 国民衛生の動向 2018/2019, 厚生労働統計協会
[参考書]
  1. 別途紹介する