山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
高齢者看護活動論1(高齢者看護概論)
担当教員
谷口 珠実/菅沼 真由美/瀧本 まどか
時間割番号
単位数
履修年次
期別
DNE207 2 2 後期
[学習目標]
高齢者の理解を深め、高齢者の健康レベルに応じた看護を実践できる専門職となるために、加齢に伴う健康問題を認識し、実践に求められる知識と技術を習得する。
[授業計画
第1回   概要、高齢者をとりまく社会状況1 (谷口)
第2回   高齢者をとりまく社会状況2   (谷口)
第3回   心身の加齢変化         (谷口)
第4回   演習の説明、課題の準備     (谷口)
第5・6回 【学外演習】高齢者の体力測定(谷口/菅沼/瀧本)
第7回 【学内演習】高齢者疑似体験 (谷口他)
第7回  【学内演習】高齢者疑似体験 (谷口他)
第8回   感覚機能障害と看護(白内障、老人性難聴) (谷口)
第9回   運動機能障害と看護1(起立・歩行障害、転倒)(谷口)
第10回  皮膚掻痒感と看護 (菅沼)
第11回  睡眠障害と看護 (菅沼)
第12回  排泄機能障害と看護1(尿失禁) (谷口)
第13回  摂食嚥下障害と看護 (菅沼)
第14回  排泄機能障害と看護2(便秘、便失禁)(谷口)
第15回  総括  (谷口)
第16回  定期試験 (谷口)
[到達目標]
知識: 高齢者を取り巻く社会状況を説明できる。
    老年期の特徴について理解できる。
    加齢に伴う変化について説明できる。
    高齢者の健康問題に対する看護活動を表現できる。
技術: フィジカルアセスメントの一部を体験する。
    高齢者の心情や生活体験を傾聴できる。
高齢者の生活を疑似体験する。
    高齢者の体力測定を補助できる。
態度: 高齢者を尊重した態度がとれる。
    高齢者に対する自己の態度や心情を表現できる。
[評価方法]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 85  %小テスト合計又は定期試験の高い方の得点を試験得点とする 
2小テスト/レポート 15  %複数教員による課題評価 
[教科書]
  1. 真田弘美、正木治恵, 老年看護学技術:最後までその人らしくいきることを支援する, 南江堂, ISBN:978-4-524-26063-8
  2. 小野田千恵子, 実践!フィジカル・アセスメント(改訂第3版), 金原出版, ISBN:9784307701884
[参考書]
  1. 鎌田ケイ子、川原礼子, 老年看護学概論:老年保健, メヂカルフレンド社, ISBN:978-4-8392-3088-3
  2. 鎌田ケイ子、川原礼子, 健康障害をもつ高齢者の看護, メヂカルフレンド社, ISBN:978-4-8392-3089-0
  3. 正木治恵、真田弘美, 老年看護学概論:「老いを生きる」を支えることとは, 南江堂, ISBN:978-4-524-26062-1
  4. 奥野茂代、大西和子, 老年看護学:概論と看護の実践(第4版), ヌーヴェルヒロカワ, ISBN:978-4-86174-020-6
  5. 奥野茂代、大西和子, 老年看護学技術:アセスメントとその根拠(第2版), ヌーヴェルヒロカワ, ISBN:978-4-86174-019-0