山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
母性看護活動論2(周産期看護過程の展開)
担当教員
小林 康江/佐々木 美果/浅野 浩子
時間割番号
単位数
履修年次
期別
DNE205 2 2 後期
[学習目標]
母性看護活動論1の学習内容と産褥期の学習をふまえ、ウェルネスの視点で経膣分娩事例と帝王切開分娩事例の看護過程が展開できる力を身につける。
[授業計画
1  褥婦の看護 母乳育児支援(講義):担当  小林
2 褥婦の看護 褥婦の回復を助けるケア(講義):担当 小林
3 教育・相談技術 セルフケア行動へのアプローチ、集団力学(講義):担当 小林
4 褥婦と新生児のアセスメント 担当:小林
(以下、5〜6回は、事例展開を実施し準備してくること)
5 経膣分娩事例 事例展開 担当:小林
6 経膣分娩事例 事例展開 担当:小林
(以下、7〜9回は、事例展開を確実に終えて望むこと)
7 経膣分娩事例 褥婦と新生児のアセスメントとケアプラン(グループ討議)担当:小林・浅野
8 経膣分娩事例 褥婦と新生児のアセスメントとケアプラン(グループ討議・全体討議) 担当:小林・浅野
9 経膣分娩事例 褥婦と新生児のアセスメントとケアプラン(全体討議)担当:小林・浅野
10 帝王切開(講義) 担当:小林
(以下、11〜12回は、経膣分娩事例を復習し、事例展開を実施し準備してくること)
11 帝王切開事例 事例展開 担当:小林
12  同上
(以下13〜15回は、リーディングアサイメントを終えて望むこと)
13 経膣分娩事例の関連図の作成 担当:小林
14 関連図から経膣分娩の母子を捉える視点と必要なケアの検討 担当:小林
15 同上 
[到達目標]
・学習した知識をもとに、論理的思考力を身につけるため、看護実践に必要な妊産褥婦の事例展開と看護問題を記述できる。
・看護問題を解決するために必要な看護の方針を要約できる。
・事例展開の実施を通して、自己に不足している知識を明らかにし、主体的に課題を実施し、自己研鑽する。

A.知識
1)妊娠・分娩・産褥の経過に伴って変化する生理的現象を説明できる。
2)妊娠・分娩・産褥の経過に伴って変化する心理社会的特徴を説明できる。
3)胎児の成長発達と健康度の評価、新生児の特徴を説明できる。
4)親になることを支える援助、相談、教育について説明できる。
B.技術
1)妊婦の経過を根拠に基づきアセスメントできる。
2)褥婦の経過を根拠に基づきアセスメントできる。
3)胎児・新生児の経過を根拠に基づきアセスメントできる。
4)ウェルネスの視点から看護問題・看護目標が挙げられる。
5)個別性のある看護計画の立案ができる。
C.態度
1)積極的に学習し、自己の能力の向上に努めることができる。
2)教員の支援を受けながら、多様な学習資源を活用した学習ができる。
3)グループの一員としての自分の役割を遂行し、協力して演習を進めることができる。
[評価方法]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 65  %筆記試験(アセスメントに必要な知識と状況設定下で適切なケアを選択し回答できる) 
2小テスト/レポート 30  %事例展開2事例の提出(情報の整理、基準値の学習、アセスメントの一貫性、キーワードを使用し事例の経過の要約できる。リスクの査定ができる。 
3受講態度 5  %グループの成果物、授業中の発表や討議への参加度(ディスカッション時の発言度、リーダーシップ性、自主性など)教員評価 
[教科書]
  1. 横尾京子編, 母性看護実践の基本, メディカ出版, ISBN:978-4-8404-5381-3
  2. 横尾京子編, 母性看護技術, メディカ出版, ISBN:978-4-8404-5382-0
[参考書]
  1. 佐世正勝他編, ウェルネスからみた母性看護過程 第3版, 医学書院, ISBN:9784260028387
  2. 太田 操, ウェルネス看護診断にもとづく母性看護過程第3版, 医歯薬出版, ISBN:9784263236871
  3. 堀内成子編, 母性看護実習ガイド, 照林社, ISBN:9784796521444