山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
社会福祉行政論
担当教員
宮本 和子
時間割番号
単位数
履修年次
期別
DNC202 2 2 前期
[学習目標]
人々の生活を支える様々な社会福祉に関する制度や法律、社会行政の取り組みを理解し、将来の看護活動に生かすことを目的とする。
[授業計画
1.社会福祉・社会保障とは:講義ガイダンス、社会福祉・社会保障の概念と目的
2.人々の生活の変化と社会福祉の変遷
3.社会保障制度を知る1:医療保障
4.社会保障制度を知る2:介護保障
5.社会保障制度を知る3:所得保障(年金制度、その他)
6.社会福祉に関する法律と施策1:公的扶助(生活保護制度など)
7.社会福祉に関する法律と施策2:障がい者に関する法律と施策
8.社会福祉に関する法律と施策3:母子・児童・高齢者に関する法律と施策
9.人々の生活を支える福祉行政:保健福祉計画、行政と民間による様々な活動
10.社会福祉実践の方法と課題
11.中間まとめ:社会福祉に関わる法律・制度の整理
12.社会福祉の課題を考える
13.社会福祉における看護の役割1:看護職がかかわった事例から学ぶ
14.社会福祉における看護の役割2:看護は何を期待されているのか
15.全体まとめ
[到達目標]
1.社会福祉の目的を理解する。
2.社会福祉に関わる様々な制度・法律・施策を整理する。
3.社会福祉活動の現状と課題を考える。
4.看護と福祉が連携して人々を支援する重要性を理解する。
[評価方法]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 60  %講義で学習した事柄に関する理解度をみる。 
2小テスト/レポート 30  %講義内ワークや提出課題で求められた提出物の内容、講義内小テストの結果でその時々の理解度をみる。 
3受講態度 10  %講義への出席、講義内ワークへの参加度をみる。 
[教科書]
  1. 福田素生、他, 社会保障・社会福祉, 医学書院, ISBN:9784260028561
[参考書]
  1. 社会福祉と社会保障(第4版), メディカ出版, ISBN:9784840449144