山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 日本語中級IIB
時間割番号 CJA304
担当教員名 伊藤 孝恵
開講学期・曜日・時限 後期・金・III 単位数 2
<対象学生>
2018年9月21日(金)に行われる留学生向け日本語プレイスメント・テストの結果で、中級レベル、あるいは履修が適当だと判定された留学生/日本語非母語話者。
<授業の目的>
この授業では、文章による日本語の表現技術を身につけます。
文章表現の学習を通して、現代の社会で問題になっている様々なことに目を向け、これらの話題について考えたり自分の意見を整理したりしながら、感情や主観を抑えた論述文を書くための基礎力を固めていきます。
<到達目標>  到達目標とは
・的確な表現を使って日本語で正しい構造の文が書ける。
・構成のしっかりした論理的な文章が書ける。
<授業の方法>
日本語による論理的な文章の書き方を理解した上で、練習問題や課題を通して実際に自分で書いて身につけていきます。
毎回、授業で学んだことを基に、自分で文章を書く練習問題や課題があります。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 30  %後半の授業の理解度 
2試験:中間期 30  %前半の授業の理解度 
3小テスト/レポート 25  %宿題 
4受講態度 15  %授業への積極性 (単位取得のためには2/3以上の出席が必要) 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
・自分で書いてみることで、授業で学んだことが身についていきます。そのため、宿題は毎回出すことはもちろん、意欲的に取り組んでください。

・宿題は、G-フィロスで日本語SAのチェックを受け、書き直したものを提出してください。

・9月21日(金)16時30分からの日本語プレイスメント・テストには、16時25分までにT1-31に来てください。
<テキスト>
  1. 友松悦子, 小論文への12のステップ, スリーエーネットワーク, ISBN:978-4-88319-488-9,
    (定価:1600+税)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
01. オリエンテーション、表記のしかた
02. 文体
03. モードチェンジ 話し言葉から書き言葉へ
04. 正しい構造の文
05. 文のつながり
06. 小論文によく使われる表現
07. 段落
08. 前半の総括評価、まとめ
09. 要約文を書く
10. 説明文を書く
11. 意見文を書く
12. 事実を示す方法
13. 小論文のはじめとおわり
14. 小論文の完成
15. 後半の総括評価、まとめ

* 上記の内容等を、受講生の理解度や必要性等に応じて変更することもあります。
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。