山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ドイツ語中級I(総合)
時間割番号 CGM201E
担当教員名 宮永 義夫
開講学期・曜日・時限 前期・月・I 単位数 2
<対象学生>
<授業の目的>
ドイツ語における「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能について、それぞれの基盤となる知識を身につけるトレーニングを行う。
<到達目標>  到達目標とは
「異文化理解と外国語リテラシー」
学習した範囲の事柄を利用して、話されたドイツ語を正しく聞き取り、理解することができる。
学習した範囲の事柄を利用して、正しいドイツ語文を話すことができる。
学習した範囲の事柄を利用して、書かれたドイツ語を正しく読み取り、理解することができる。
学習した範囲の事柄を利用して、正しいドイツ語文を書くことができる。
<授業の方法>
基本的に教科書の記述と要求に従う。教科書は読本である。これに文法確認ポイントが付記されている。これらの記述を、教員と学生、あるいは学生同士の対話によって、理解していく。要求される作業は、音声のトレーニングは主にペア練習、「読む」「書く」トレーニングは主に文法問題に解答することよって行う。教員の指名する学生の解答例などを参考に、教員と学生、あるいは学生同士の対話によって理解を深め、トレーニングをしていく。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 20  %学習した範囲の事柄を利用して、ドイツ語を正しく理解し、正しく書くことができる。 
2試験:中間期 20  %学習した範囲の事柄を利用して、ドイツ語を正しく理解し、正しく書くことができる。 
3小テスト/レポート 20  %学習した範囲の事柄を利用して、ドイツ語を正しく理解し、正しく書くことができる。 
4受講態度 20  %予め学習する範囲を把握して、課題の要求を理解している。 
5発表/表現等 20  %課題の解決に導く、あるいは、新しい視点を提供する、あるいは、重要な発表・発言を行う。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
言語を学ぶとは:
1)異文化を受け入れる開かれた心を養う訓練(しつけ)
2)言語を取り巻く自然(風土)・文化・社会{言語環境}を理解する訓練
3)言語構造を理解する訓練
4)言語運用を理解する訓練
5)言語を運用する訓練
6)語られた(書かれた)内容を理解する訓練
7)語るべき(書くべき)内容を獲得する訓練
8)語る(書く)人を全体として理解する訓練
9)自らの語る内容と行為が及ぼす影響を理解し、配慮する訓練
10)言語使用が最終的には、争い、滅びへと至らしめる道具ではなく、融和、協力、生き延びるための道具となるように努力し、配慮する訓練

この10項目から成り立っていると考えられます。自分が今何をおこなっているのか、あるいは、言葉を学ぶとはどういうことなのかを絶えず考えながら学習してほしいと思います。
<テキスト>
  1. 佐伯 啓, ドイツ百科ミニ読本, 白水社, ISBN:978-4-560-06423-8
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
授業前に教科書の該当個所に予め目を通し、扱われている事柄について、ある程度認識し、音声を聞いておくこと。音声は、教科書に記載されている、出版社のウエブサイトに用意されている。

第1回:発音練習テキスト、特に、ウムラウト、複母音、chの発音が分かり、それらをほぼ正しく発音できる。有名な人々、動詞の3基本形が分かり、正しく変化させることができる。

第2回:職業、職業名の男性形・女性形が分かり、正しく表現できる。

第3回:食べ物と飲み物、受動態が分かり、正しく表現できる

第4回:動物、関係代名詞が分かり、正しく表現できる。

第5回:哲学、疑問代名詞が分かり、正しく表現できる。

第6回:環境保護、並列/従属の接続詞が分かり、正しく表現できる。

第7回:サッカー、分離動詞が分かり、正しく表現できる。

第8回:第7回までの中間まとめ、復習、テスト。ロボット、現在分詞が分かり、正しく表現できる。

第9回:第7回までの振り返り、総括。ロボット、現在分詞、再確認。文化、不定代名詞が分かり、正しく表現できる。

第10回:文化、不定代名詞、再確認。DNA、再帰代名詞・再帰動詞が分かり、正しく表現できる。

第11回:DNA、再帰代名詞・再帰動詞、再確認。コミック、形容詞が分かり、正しく表現できる。

第12回:コミック、形容詞、再確認。第8回〜第11回の中間まとめ、復習、テスト。

第13回:第8回〜第11回の振り返り、総括。ウィキペディア、話法の助動詞が分かり、正しく表現できる。

第14回:第13回まで全体のまとめ、復習、テスト。ウィキペディア、話法の助動詞、再確認

第15回:全体の振り返り、総括。文法事項まとめ。今後への展望。
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。