山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ドイツ語初級II
時間割番号 CGB102 I
担当教員名 ヴェルトマン.H.
開講学期・曜日・時限 後期・水・I 単位数 2
<対象学生>
工(機電コ情先)・医
<授業の目的>
ドイツ語における「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能について、それぞれの基盤となる知識を身につけるトレーニングを行う。
<到達目標>  到達目標とは
「異文化理解と外国語リテラシー」
学習した範囲の事柄を利用して、話されたドイツ語を正しく聞き取り、理解することができる。
学習した範囲の事柄を利用して、正しいドイツ語文を話すことができる。
学習した範囲の事柄を利用して、書かれたドイツ語を正しく読み取り、理解することができる。
学習した範囲の事柄を利用して、正しいドイツ語文を書くことができる。
<授業の方法>
主として文法学習項目ごとに進む各課において、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をなるべく満遍なくトレーニング出来るよう学習する。授業は、テキストの表題のように、まず対話テキストの発音を聞き、発音をしっかり覚えながらテキスト理解に必要な文法解説を行いたい。テキスト文章の内容を理解した上で、再び発音練習と対話練習を行い、これを書けるようになるところまで進めたい。テキストの練習問題として聞き取りや、書き取りの課題もあるので理想的だと思う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %授業理解度 
2小テスト/レポート 30  %書き取り能力 
3受講態度 10  %参加への積極性 
4発表/表現等 20  %発音とコミュニケーション能力 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
学生諸君が第二外国語でドイツ語を習う際、どうしても学習の時間が限定されてしまうというのが現実だと思う。語学の習得には少ない時間の中でも繰り返しやることが必要であると思うが、しかし、授業に積極的に参加することで言葉を効率的に習得できるよう、「その場勝負」という気概でがんばってほしい。
<テキスト>
  1. Kazuhiro Sato / Heike Pinnau / Toshiko Nakamurao, Deutsch, mein Schluessel zur Welt ( Ver.3 ), 郁文堂, ISBN:978-4-261-01256-9
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回   接続詞 ・形容詞の格変化
第2回   形容詞の格変化 ・時間
第3回   Lektion 6 Der Beginn des Wintersemesters  テキスト 
第4回   分離動詞・非分離動詞
第5回   過去形人称変化 ・ 現在完了形
第6回   現在完了形
第7回   Lektion 7 Ein Waldspaziergang. テキスト
第8回   受動態 ・比較級  
第9回    Lexion 8 テキスト 
第11回  関係代名詞
第12回  Lektion 9 Auf dem Weihnachtsmarkt テキスト
第13回  zu 不定詞  接続詞弟2式の格変化
第14回  Lektion 10 Rollenverteilung heute  テキスト     接続詞弟2式の格変化
第15回  Test
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。