山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ドイツ語初級II
時間割番号 CGB102 B
担当教員名 望月 海慧
開講学期・曜日・時限 後期・火・II 単位数 2
<対象学生>
工(土応)・看・生
<授業の目的>
文法学習項目を中心に進む各課において、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をなるべく満遍なくトレーニング出来るよう学習する。 授業は、教科書に基づいて講義を行う。文法事項の説明の後に、確認練習の問題を解き、基本的会話の発展練習を行う。また講義の理解度を深めるために、小テストを行う。
<到達目標>  到達目標とは
「異文化理解と外国語リテラシー」
学習した範囲の事柄を利用して、話されたドイツ語を正しく聞き取り、理解することができる。 学習した範囲の事柄を利用して、正しいドイツ語文を話すことができる。学習した範囲の事柄を利用して、書かれたドイツ語を正しく読み取り、理解することができる。学習した範囲の事柄を利用して、正しいドイツ語文を書くことができる。
<授業の方法>
文法学習項目を中心に進む各課において、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をなるべく満遍なくトレーニング出来るよう学習する。 授業は、教科書に基づいて講義を行う。文法事項の説明の後に、確認練習の問題を解き、基本的会話の発展練習を行う。また講義の理解度を深めるために、小テストを行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業理解度 
2小テスト/レポート 30  %語彙知識 
3受講態度 10  %積極的な参加 
4発表/表現等 10  %発音とコミュニケーション能力 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
言語の学習は、1)背景となる自然、文化、社会の知識とその知識を得るための技術の訓練、2)言語構造の知識とその知識を得るための技術の訓練、3)言語運用(「聞く」「話す」「読む」「書く」)の知識とその知識を得るための技術の訓練、4)言語運用の技術の訓練、5)語られる内容を理解するための知識とその知識を得るための技術の訓練、6)語られることをその語る人全体から理解するための心理的知識とその知識を得るための技術の訓練、7)言語を人々が争い、分裂し、滅びへと向かう方向に用いるのではなく、協力し、融和し、生き延びる方向へ用いるための倫理的知識とその知識を得るための技術の訓練から成り立っています。大きく知識と訓練に分かれますが、言葉を用いるとは、言葉を学習するとはどういうことかを常に自分に問いかけることを忘れないでほしいと思います。
<テキスト>
  1. 神竹道士、國光圭子、田島昭洋, プレーミエ ドイツ語総合読本, 白水社, ISBN:978-4-560-06419-1
<参考書>
  1. アクセス独和辞典, 三修社
<授業計画の概要>
第1回 比較表現
第2回 esの用法
第3回 分離動詞と非分離動詞
第4回 動詞の3基本形・過去形 
第5回 現在完了形
第6回 従属接続詞
第7回 再帰代名詞
第8回 分詞
第9回 関係代名詞
第10回 指示代名詞
第12回 受動文
第13回 接続法(1)
第14回 接続法(2)
第15回 総括評価・まとめ

  

     
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。