山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ドイツ語初級I
時間割番号 CGB101 J
担当教員名 岩井 昌康
開講学期・曜日・時限 前期・水・I 単位数 2
<対象学生>
工(機電コ情先)・医
<授業の目的>
ドイツ語における「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能について、それぞれの基盤となる知識を身につけるトレーニングを行う。英語との違いを意識しつつドイツ語を学ぶことで、第二外国語学習の意義を理解してもらう。
<到達目標>  到達目標とは
異文化というのは理解できなくて当然です。自分のところとは勝手が違うのですから。語学が異文化理解の糸口となりうるかというと、これもやり方とやる気次第です。少なくとも語学ぬきの異文化理解はまず無理ですので、ドイツ文化理解のためにはドイツ語リテラシーの獲得を目ざす努力が必要になってくると思うのですが、この授業の受講者の方には、手始めに動詞の現在人称変化と格というものに慣れていただきます。
<授業の方法>
読解力の基礎となる文法事項を中心に授業を進めますので、口頭練習、テキストの訳読、和文独訳などは、あくまで初級文法理解のための手段ということになります。授業では、様々な形の練習を通じて将来のドイツ語リテラシー獲得のために役立つ文法や学習手段などの基礎知識の習得を目ざします。尚、学期中テストを3回予定しています。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 25  %将来のドイツ語リテラシー獲得のための名詞及び冠詞類学習の習熟度をみる。 
2試験:中間期 25  %将来のドイツ語リテラシー獲得のための名詞及び冠詞学習の習熟度をみる。 
3小テスト/レポート 20  %将来のドイツ語リテラシー獲得のための正書法の基本、人称代名詞(1格)、動詞の現在人称変化の学習の習熟度をみる。をみる。 
4受講態度 20  %積極的な参加 
5発表/表現等 10  %参加への積極性 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
ドイツ語学習の際、手軽に利用できるオンラインのメディアなど教材として利便性の高い電子媒体も、最初の授業で紹介する予定ですが、やはり従来の活字媒体と手書きのノートなくしては、基礎固めは難しいと思います。
<テキスト>
  1. 小川さくえ・片岡律子, 一歩ずつ − 楽しいドイツ語, 同学社, ISBN:978-4-8102-0737-8,
    (奥付と裏表紙には教科書のタイトルは上記のとおり表記されているのですが、表紙・背表紙にはタイトルがドイツ語のみで Erste Schritte と表記されています。ご注意ください。)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回 辞書の選び方 オンライン教材の紹介 アルファベット
第2回 発音 人称代名詞 動詞の現在人称変化 練習問題
第3回 テキスト 練習問題
第4回 動詞の現在人称変化 練習問題
第5回 小テスト テキスト 練習問題
第6回 テキスト 定冠詞
第7回 不定冠詞 テキスト 練習問題
第8回 数の読み方
第9回 テキスト 練習問題 
第10回 テスト
第11回 テキスト 練習問題
第12回 名詞の複数形 練習問題 
第13回 テキスト 練習問題
第14回 前置詞 テキスト 練習問題
第15回 テスト テキスト
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。