山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 フランス語中級II(総合)
時間割番号 CFM203A
担当教員名 森田 秀二
開講学期・曜日・時限 後期・火・I 単位数 2
<対象学生>
フランス語初級I、初級IIの履修者(フランス語演習I、IIも履修していることが望ましい)、学外一般の方の場合は初級フランス語修了者(大学で週2コマ1年間履修程度)。
<授業の目的>
フランス語の中級リテラシー入門レベルに達するため、フランス文学テキスト(『星の王子さま』)を読みながら文法力+語彙力のレベルアップをはかる。種々の練習問題に取り組み、「読む」「書く」「聞く」「話す」力をバランスよく伸ばす。また、フランスの文化や生活の諸相についても味わいながら学び、異文化理解につとめる。
<到達目標>  到達目標とは
フランス語の中級リテラシー(「読む」「書く」「聞く」「話す」力)を身につける。フランス語検定試験3級レベルのフランス語力完成を目指す。
<授業の方法>
演習形式。基本的な語彙や表現を身体化するため、フランス語でのペアワーク、グループワークも行う。
定期的小テストに加え、オラルテストも行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %知識の定着を問う。 
2試験:中間期 30  %コミュニケーション力を問う試験(オラルなど)を行う。 
3小テスト/レポート 30  %日常的勉学努力を問う小テストを数回行う。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
フランス語の力をどんどん伸ばしてください。また、文学テキストを通じてフランス人の考え方や生き方に対して関心をもっていただければと思います。
CNSによる質問等も寄せて下さい(よく分からないことがある、興味を持った点についてもっと知りたい、など何でも結構です)。
<テキスト>
  1. SAINT-EXUPERY, ANTOINE DE, Le Petit Prince, Gallimard, ISBN:9782072730849
<参考書>
  1. 市販の仏和辞書
<授業計画の概要>
1)Le petit prince, 第1章
2)第1章、Spirale Lecon 17
3)第2章
4)第2章、Spirale Lecon 17
5)第3章
6)第3章、Spirale Lecon 18
7)第4章
8)まとめと中間試験、Spirale Lecon 18
9)第4章
10)第5章、Spirale Lecon 19
11)第5章
12)第6章、Spirale Lecon 19
13)第6章
14)第7章
15)試験および解説
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。