山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 英語リーディング・ライティング
時間割番号 CEG2RL
担当教員名 伊藤 千草
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
教・工(機電コ情応)・生
<授業の目的>
文法や語彙の基礎能力を基に、文章の概要を捉えるとともに、細部の情報を正確に理解する読解力を身につける。また、英文作成のプロセスを意識し、日常的な話題に関して自分の考えを英語で要約できるだけの表現力を身につける。
<到達目標>  到達目標とは
「異文化理解と英語リテラシー」
・500-600語程度の英文を30分程度の時間で読み、文章の要点を正確に理解できる。
・読み取ったことや、与えられたテーマについての自分の考えを平易な英語を用いて250語程度で書くことができる。
<授業の方法>
現代の社会問題における賛否両論の意見を読解しながら、英語の総合的な力を向上させます。 
また、各課ごとの文法問題を生かし、ライティングの力も身につけます。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業で取り組んだ内容をもとに英語で理解・表現する力を評価する 
2小テスト/レポート 30  %授業で行う小テスト・課題・発表等において英語で理解・表現する力を評価する 
3発表/表現等 20  %授業中の取り組みをもとに英語で理解・表現する力を評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
英語に対し苦手意識を持たず、積極的に英語を学習して頂けたらと思います。テキストの内容が大変興味深いものとなっておりますので、是非楽しみながら授業に参加して頂きたいです。
<テキスト>
  1. 植田一三他, Take a StanceーDiscussing Today's Controversial Issues 2ー, センゲージラーニング, ISBN:978-4-86312-333-5,
    (日本語のタイトルは『賛否両論の社会問題を考える 2』)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1  ガイダンス・英作文活動
2  読む活動・書く活動(The pros and Cons of Globalization)
3  読む活動・書く活動(The pros and Cons of Globalization)
4  読む活動・書く活動(Humans or AI?)
5  読む活動・書く活動(Humans or AI?)
6  読む活動・書く活動(A Valuable Experience)
7  読む活動・書く活動(A Valuable Experience)
8  読む活動・書く活動(Big Government)
9  読む活動・書く活動(Big Government)
10  読む活動・書く活動(Are the Homeless Responsible?)
11  読む活動・書く活動(Are the Homeless Responsible?)
12  読む活動・書く活動(Severe Punishment)
13  読む活動・書く活動(Severe Punishment)
14  読む活動・書く活動(Open Borders or Closed Societies?)
15 総括評価・まとめ
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(J) 論理的な表現・伝達能力
 コミュニケーション能力を有し、論理的に表現することができる。