山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 総合英語
時間割番号 CEG1GAC
担当教員名 ストロースマン.J.
開講学期・曜日・時限 前期・金・III 単位数 2
<対象学生>
工・生
<授業の目的>
比較的容易な語彙を用いた文章の概要や要点を正確に理解したり、自然な速さの平易な内容の英語を聞いて、重要な情報を理解したりする力を身につける。また、日常的な話題について平易な英語で表現する力を身につける。
<到達目標>  到達目標とは
「異文化理解と英語リテラシー」
・400語程度の英文を30分程度で読み、要点を正確に理解できる。また、与えられたテーマについての自分の考えを平易な表現を用いて150語程度で書くことができる。
・100語程度の自然な速さの英語を聞いて、要点を正しく理解することができる。また、与えられたテーマについて、英語で2分間程度発話できる。
<授業の方法>
Vocabulary Exercise をして、CNNのDVDを見て、理解度を確かめて、会話をします。前半にレポート、後半にPresentationがあります。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業で取り組んだ内容をもとに英語で理解・表現する力を評価する 
2小テスト/レポート 30  %授業で行う小テスト・課題・発表等において英語で理解・表現する力を評価する 
3発表/表現等 20  %授業中の取り組みをもとに英語で理解・表現する力を評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
国際交流センターによるプリント学習課題を行うことで、最高で20点まで加えられる。なお、プリント学習課題は毎週月/火/木曜日の18時10分から19時10分まで行われる予定である。詳細は第1回目の授業で説明する。
<テキスト>
  1. Fuyuhiko Sekido 他4, CNN 10 - Student News, ASAHI PRESS, ISBN:9784255156231
<参考書>
  1. 和英英和辞書、電子でも紙でも可
<授業計画の概要>
1 Unit 1
2 Unit 2
3 Unit 3
4 Unit 4
5 Unit 5  Report提出日
6 Unit 6
7 Unit 7
8 中間テスト
9 Unit 8
10 Unit 9
11 Presentation
12 Unit 10
13 Unit 11
14 Unit 12
15 総括評価:まとめ 期末試験
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(J) 論理的な表現・伝達能力
 コミュニケーション能力を有し、論理的に表現することができる。