山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 中国語初級II
時間割番号 CCB102 H
担当教員名 藤田 理佳
開講学期・曜日・時限 後期・水・I 単位数 2
<対象学生>
工(機電コ情先)・医
<授業の目的>
中国語の基礎的な語彙、文法規則を学び、それらを運用した訳読、会話、作文を含めた総合的語学力を身につける。
初級Iで学習した発音をより確実に身につける。
<到達目標>  到達目標とは
異文化理解と外国語リテラシーの能力として以下の技能の習得を目標とする。
・基礎的文法規則を運用し,平易な中国語の訳読ができる。
・基礎的文法規則を運用して簡単な自己表現ができる。
・学習した知識を活用して平易な中国語によるコミュニケーションができる。
<授業の方法>
演習形式で授業を進める。
事前学習を必須とする。
毎回受講者が発音したり質問に答えたりすることにより実践的訓練を行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業で学んだ基礎的な語彙・文法知識を活かして平易な中国語を理解したり、中国語で表現する能力を評価する。 
2小テスト/レポート 30  %各学習段階における既習事項を正確に理解し、運用する能力を評価する。 
3受講態度 20  %発音読の正確さや授業中に出された課題を解く能力を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
語学学習に予習・復習は欠かせない。授業は予習・復習がされていることを前提に行う。
出席や欠席の確認は、試験の受験資格の有無を確認するためにのみ行うもので、これを点数化することはしない。
<テキスト>
  1. 渋谷裕子・孟若燕, 新しいキャンパス的中国語, 同学社, ISBN:4810207609
<参考書>
  1. 相原茂, Why?にこたえるはじめての中国語の文法書, 同学社, ISBN:4810200345
  2. 守屋宏則, やさしくくわしい中国語文法の基礎, 東方書店, ISBN:4497944387
<授業計画の概要>
第1回 前期「中国語初級 I 」の復習
第2回 日付、曜日、時刻、年齢、名詞述語文
第3回 復習、自己紹介
第4回 「了」「過」
第5回 助動詞、動詞の重ね型
第6回 助動詞
第7回 復習
第8回 前置詞、動量補語、時量補語
第9回 比較の表現
第10回 近未来の表現、前置詞「給」
第11回 進行・持続
第12回 復習
第13回 「是〜的」
第14回 副詞「又」「再」
第15回 総括評価
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。