山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 消費生活論
時間割番号 CBC017
担当教員名 神山 久美
開講学期・曜日・時限 前期・金・III 単位数 2
<対象学生>
原則として1年次
<授業の目的>
 消費者を取り巻く環境が大きく変化し、複雑・多様化した消費者問題が発生している。消費者が消費者問題の背景を理解して、公正で持続可能な社会の形成に参画していくためには消費者教育が欠かせない。本授業では、自分自身の消費生活をふりかえりながら、生涯の消費生活を送るために必要な基礎知識を身に付け、消費者市民社会の形成に向けて、どのように意思決定し行動していけばよいか考える。
 山梨県の資料等から、現在の消費生活や生活設計などにおける課題を見出し、その解決策について具体的な提案を行う。
 COC地域志向型共通教育科目対象科目 COC+地域教養科目対象科目
<到達目標>  到達目標とは
・消費生活に関する多様な知識を獲得し、基礎的事項を説明できること。
・消費者市民社会の形成に向けて、消費者はどのように意思決定し行動をすればよいか説明できること。
・消費生活に関する地域の課題を見出し、解決策を記述することができること。
<授業の方法>
講義のほか、グループ・ディスカッションを行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %知識の獲得や理解度について、授業内課題やレポートで評価する。 
2受講態度 30  %出欠席・授業への参加意欲及び態度について評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
1.テキストを購入し、授業時に持参すること。
2.授業以外にも、消費生活の諸問題について新聞やニュースなどで情報収集をしながら興味・関心を深め、自分の生活を主体的に形成する態度を養うこと。
<テキスト>
  1. 日本消費者教育学会関東支部監修, 新しい消費者教育〜これからの消費生活を考える〜, 慶應義塾大学出版会, ISBN:978-4-7664-2307-5
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
※講義の順番や内容は変更することもある
1.オリエンテーション(消費者教育の必要性)
2.経済社会の発展と消費者問題の発生
3.消費者政策の展開
4.契約と商品・サービスの購入
5.アルバイトについて
6.生活設計の課題
7.クレジットカードと多重債務問題
8.商品の安全性
9.情報化社会と消費者
10.消費者問題の解決に向けて(県民生活センターとの連携授業)
11.各ライフステージにおける消費者教育(幼児期・小中高校生期)
12.各ライフステージにおける消費者教育(成人期)
13.消費者志向経営(企業の社会的責任)
14.消費者市民社会の構築に向けて
15.総括
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。