山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 山梨企業研究
分類・系統社会科学 社会系
時間割番号 CAS031
担当教員名 坂本  康/北村 眞一/佐藤 文昭/澤 伸恭/西久保 浩二
開講学期・曜日・時限 集中・(未登録)・(未登録) 単位数 2
<対象学生>
やまなし未来創造教育プログラム科目のため、当該プログラムに関係する県内の大学に在籍する1、2、3、4年生。

※科目の性格上、人数を制限する場合がある。
<授業の目的>
 企業活動、代表的な各種業界・業種などについて学び、その知識に基づき山梨県における産業の動向やしくみ、現在直面する問題点を理解する。その上で、各業界・業種の地元企業について研究することを通して、企業が存続・成長するために必要となる視点、新たな事業を展開していくために必要となる視点(ニーズ・シーズ、アイデア、実践力など)は何であるかを学ぶ。さらに、それらを通じて、自らの将来の働き方を考えるために必要な能力を身につける。

※ COC地域志向型共通教育科目対象科目及びCOC+地域教養科目対象科目となります。
<到達目標>  到達目標とは
・業種別に地域の産業の動向や構造を理解し、説明することができる。
・成長する企業のビジネスモデルやそれを実践するために必要となるポイントを理解し、説明することができる。
・地域の産業や企業、および企業を考える上で重要となる視点について得られた知識に基づき、起業や新規事業に対する関心を高め、自己のキャリアデザインに反映することができる。

※ 本科目は、学位授与方針で求められる教養の「地域理解」に対応している。
<授業の方法>
 本科目は、学生が主体的に学ぶ科目である。そのため、受講学生はあらかじめネット上に公開された各産業・企業等に関する情報、およびオンライン教材を事前に自主学修し、検討すべき点の細部を明確にし、その上で、企業訪問とインタビュー、関係者とのディスカッションにより下記について理解を深める。さらに、これらについて自分自身で考察したことを自分のことばでまとめて発表し、他の学生・教員とのディスカッションを通じて、自分の考えを深化する。
 ・山梨県における各種産業の歴史的背景、推移、現状
 ・地域産業または個別企業の今後の成長にはなにが必要か、また、そのためにはどのような方策があるか。
 自主学修には、各業種の代表的な企業の公開情報、山梨県内企業についてのビデオ教材等を用いる。企業訪問とインタビューでは、各業種の県内企業を対象とする。対象とする業種、企業、課題等については、教員の助言も参考にして学生間のディスカッションにより決定する。また、上記を考える視点としては、異分野との連携、地域資源の国内展開及びグローバル展開、強みを活かした事業の深掘り・深化、シーズを活かしたニッチ市場への進出などが想定されている。  
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 40  %レポート:「地域理解」の達成度、および課題に対してどのように調査・解析・考察を行い、自分の考えをまとめることができているかを評価する。 
2受講態度 20  %インタビュー、ディスカッションなどに、どのように主体的に関与できているかを、発言内容、発言回数などで評価する。 
3発表/表現等 40  %成果発表において、自分の成果を適切に表現できているか、「地域理解」の達成度はどの程度かを評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
やまなし未来創造教育プログラムで提供されている他の科目を合わせて受講することが望ましい。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 授業回毎に指示する。内容を、授業時間外に予習・復習することを課す。
<授業計画の概要>
第1回 オリエンテーション
 内容:授業の進め方、自主学修の方法を理解する。
 到達目標:この科目の受講に必要な基本的事項を説明できる。 
第2回、第3回 企業研究の基礎
 内容:講義に基づき、企業とはどういうものか、業界研究・企業研究はどのように行うかを、理解する。
 到達目標:企業、業界・業種などに対する考え方を説明できる。
第4回、第5回 グループディスカッション1:課題設定等
 内容:これまでに学んだことを基礎として、対象とする業種、企業、および視察で検討すべき課題などを、学生同士のグループディスカッションにより決定する。参加学生は、事前に自主学修も行う。
 到達目標:課題についての自分の意見を整理し、発表し、かつグループディスカッションを参考にして自身の考えを深化することができる。
第6回、第7回 グループディスカッション 2:視察計画
 内容:グループ毎に視察の計画を作成し発表する。他グループの発表も参考として、自分たちのグループの計画を改良する。その後、計画を具体化するために、企業との調整等を行う。
 到達目標:具体的な視察計画について、自分の意見を整理し、発表し、かつグループディスカッションを参考にして自身の考えを深化することができる。
第8回、第9回 視察-1
 内容:企業等を視察し、インタビューを行う。
 到達目標:課題について、適切な情報を得ることができる。
第10回 視察-1のまとめ
 内容:視察の結果を整理し、まとめる。
 到達目標:視察で得られた情報および講義で得た知識を用いて、課題についての自身の考えを深化することができる。
第11回、第12回 視察-2
 内容:企業等を視察し、インタビューを行う。
 到達目標:課題について、適切な情報を得ることができる。
第13回 視察-2のまとめ
 内容:視察の結果を整理し、まとめる。
 到達目標:視察で得られた情報および講義で得た知識を用いて、課題についての自身の考えを深化することができる。
第14回 グループディスカッション2
 内容:視察結果をどのようにまとめるかを、グループディスカッションにより決定し、発表の準備を行う。
 到達目標:適切な発表の準備ができる。
第15回 発表と講評
 内容:課題について行ってきたことの発表を行う。
 到達目標:科目全体の到達目標を達成していることを表現できる。

※複数回の項目については、集中での開講を予定している。
※授業開始前に、説明会を行う予定である。
※第8回以降は夏季休暇期間中に実施してもよい。
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。