山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 現代教育政策論
分類・系統社会科学 社会系
時間割番号 CAS017
担当教員名 日永 龍彦
開講学期・曜日・時限 前期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
教育は現代社会の中で生きていく上で不可欠なものとなっており、一人ひとりに保障される権利として位置づけられている。しかし、格差社会の進展の中で、貧困層や在日外国人など、教育を受ける権利が侵害されている人々がいる。この授業では、教育を受ける権利の意義を歴史的にふまえながら理解し、それが侵されている現状と是正に向けた取り組みについて、国と山梨県の教育政策や教育現場・支援の現場を具体的に検討することを通じて受講生一人ひとりが考えていくことを目的とする。
※ COC地域志向型共通教育科目対象科目及びCOC+地域教養科目対象科目となります。
<到達目標>  到達目標とは
・近年の教育問題について、社会や経済の変化と関連付けながら説明できる。(多様な知識)
・格差社会と言われる現在の日本社会の現状とその背景について、社会や経済の変化と関連付けながら説明できる。(多様な知識)
・自ら課題を設定して調べた内容について、レポートやポスターにまとめて表現できる。(批評力、文章表現力・口頭発表力・論理的思考力の基礎)
・自ら設定した課題の解明に必要な文献を収集・活用できる。(情報収集力・情報選択力の基礎)
<授業の方法>
必要に応じて受講生各自が事前に学んだことを基に授業を行ったり、グループディスカッションを行うなど、双方向的な授業方法を採り入れていく。また、定期的に受講生が自らの学習状況を振り返るとともに、学期末に各自が学んだことをポスターにまとめて発表するとともに自分自身が何を学んだか振り返る機会を持ち、学習の定着を図りたい。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 60  %「多様な知識」の定着度を図るためミニレポートを課し、(1)正確な知識に基づき記述されているか、(2)学んだ内容を自らの言葉で的確に記述できているか(批評力)を評価する。また、個々の受講生が設定したテーマについて期末レポートを課し、(1)適切な文献の収集・活用を行なっているか(情報収集力・情報選択力の基礎)、(2)適切な手順に従った文章を書けているか(文章表現力の基礎)、(3)情報を多面的・客観的にとらえ、筋道を立てて根拠を示しながら説明できているか(論理的思考力の基礎)、を評価する。 
2受講態度 20  %課題への取り組み状況等による授業内外での学習状況、課題等への取り組み状況を評価対象とする。 
3発表/表現等 20  %個々の受講生が設定したテーマについてポスター発表を行ない、(1)学んだ内容を自らの言葉で的確に表現できているか(批評力)(2)論理的根拠を伴って、わかりやすく話すことができているか(口頭発表力の基礎)。その内容を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
授業時間外での予習や復習などの学習を受講者が行ってくることを前提に、授業を進めていきます。
<テキスト>
  1. 必要に応じて資料を配付します。
<参考書>
  1. 東京大学学校教育高度化センター, 基礎学力を問う: 21世紀日本の教育への展望, 東京大学出版会,
    (2009年刊)

  2. 橘木俊詔, 日本の教育格差(岩波新書), 岩波書店,
    (2010年刊)

  3. 細川孝(編著), 「無償教育の漸進的導入」と大学改革, 晃洋書房,
    (2014年刊)
<授業計画の概要>
(受講生の理解度によっては、修正をすることがあります)
第1回 オリエンテーション、1.格差社会の現状(1) 学校教育や格差社会を示すキーワードを解説します
第2回 1.格差社会の現状(2) 受講生各自が考える格差社会をしめすデータを持ち寄り、相互の関連性をグループワークで確認します
第3回 2.社会的・経済的に弱い立場にある人々のための教育機会(1) 格差社会において生じている教育機会の格差の状況を概説します。
第4回 2.社会的・経済的に弱い立場にある人々のための教育機会(2) 第4回と同様
第5回 * ミニレポート検討会(1) これまでに学んだことを踏まえ、格差社会における教育格差の現状をミニレポートにまとめて持参し、それを受講生どうしで相互に検討します。
第6回 3.教育を受ける権利(1) 教育格差の背景にある制度政策の検証や是正方策を考える上で必要となる「教育を受ける権利」について、歴史的な展開を踏まえながら概説し、その内容の理解を深めます。
第7回 3.教育を受ける権利(2) 第6回と同様
第8回 3.教育を受ける権利(3)
第9回 * ミニレポート検討会(2) 受講生が自ら選んだ教育問題について、その背景にある制度・政策とそれらが抱える課題を整理してミニレポートにまとめて持参し、それを受講生どうしで相互に検討します。
第10回 4.教育機会を保障する方策を考える ー最近の教育政策と支援の動向(1) 受講生が選んだ教育問題を踏まえながら、相対的貧困層への支援のあり方を概説します。
第11回 4.教育機会を保障する方策を考える ー最近の教育政策と支援の動向(2) 相対的貧困層への教育面での支援の実態やそのあり方について概説します。
第12回 * 発表内容の全体構想検討会 受講生が自ら選んだ教育問題についてポスター発表を行う準備として、発表内容の全体構想を小グループで発表し、発表内容の論理性や妥当性を受講生どうしで相互に検討します。
第13回 5.ポスター発表(1) 小グループによるポスターツアーを行ない、批評力や口頭発表力の基礎の定着が図れているかを受講生どうしで相互に評価します。
第14回 5.ポスター発表(2) 第13回の継続
第15回 授業の総括・学習の振り返り・授業アンケート 授業を振り返り、受講生が自らの目標到達度や学習の進捗状況を確認します。
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。