山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 子どもとジェンダー
分類・系統社会科学 社会系
時間割番号 CAS011
担当教員名 秋山 麻実
開講学期・曜日・時限 前期・火・V 単位数 2
<対象学生>
全学部生
<授業の目的>
ジェンダーとは、性別によって人を振り分けること、それを通して、性によって人を差別する営みを強化し、正当化することである。子どもが生まれ育つさまざまな局面で、そうした性別による振り分けがどのように行なわれるのか、それが私たちの生育過程や日常生活にどのように影響するのか、私たちは子どものジェンダー強化にどのように加担しているのか、国内外では、どのようなことがらが、教育や子どもに関連するジェンダー問題となっているのかを学び、自分と他者との関係を政治的観点から理解することが本講義の目的である。
<到達目標>  到達目標とは
ジェンダーの基礎的概念とジェンダー公正について理解し、自身の意見と合わせて記述することができる。
身近なジェンダーの差異について記述し、話し合い、理解を深める。
ジェンダーに関わる多様な生き方について知り、共生とはどういうことかを考えることができる。
国内外の事例を調査して、説明できる。
説明を聞き、話し合いを通して、思考を深めることができる。
ジェンダー問題の解決方法について、多様な考え方を互いに出し合うことができる。
<授業の方法>
講義、グループワークおよびその発表を行う。
授業中の発言によって、考えを深めていく。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 60  %与えられた課題について、問題を整理し、ジェンダー公正の立場から意見を書ける。 
2受講態度 30  %グループワークに積極的に参加できる。 
3発表/表現等 10  %授業内で必要な情報を調べて、クラス全体に貢献できる発表ができる。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
知らない相手とでも、意見や情報を交換し、一緒に考えてください。
授業中には積極的に発言してください。あてられても黙って首をすくめていれば、あきらめて通り過ぎていくだろうという態度は示さないでください。
ジェンダーの観点から見た公正について学ぶ授業なので、「公平な視点から見た」つもりで保守的な意見に固執するような立場からの脱却を望みます。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
01.オリエンテーション
02.「男の子」と「女の子」をわけるもの
03.「男の子」と「女の子」をわけることの是非
04.「ジェンダー」の基礎知識(1)
05. 「ジェンダー」の基礎知識(2)
06. 子どもの文化のなかのジェンダー(1)
07. 子どもの文化のなかのジェンダー(2)
08. 発達とジェンダー(1):性役割の発達
09. 発達とジェンダー(2):生涯発達とジェンダー
10. 学校における活動と学習のジェンダー
11. 教科内容におけるジェンダー
12. 進路選択
13. 学校におけるセクシュアル・ハラスメント
14. 宗教とジェンダー
15. 政治・経済とジェンダー
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。