山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 生活設計論
分類・系統社会科学 社会系
時間割番号 CAS007
担当教員名 志村 結美
開講学期・曜日・時限 前期・木・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
現代社会の変動の中で我々の生活は大きく変容し、様々な生活課題が顕在化している。その生活の変容の過程と諸問題を浮き彫りにし、生活形態、生活意識の多様性を理解するとともに、現代社会において必要な主体的な生活設計・ライフデザインについて認識を深める。
<到達目標>  到達目標とは
・現代社会、家族、生活の抱える課題を多面的・批判的に捉え、説明することができる。
・生活設計に関する課題の解決を考えることができる。
・自らの生活設計について、客観的・具体的・長期的に考えることができる。
・各種演習を通して、傾聴力、口頭発表力、討議力等、コミュニケーション能力を高めることができる。
<授業の方法>
講義、演習(グループディスカッション・グループプレゼンテーション等)等
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %講義、演習内容の理解・認識度の評価 
2小テスト/レポート 30  %毎回の小課題、レポート2〜3回の評価 
3受講態度 30  %演習等の参加意欲・態度の評価、出欠席は重視します。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
参加型授業ですので、積極的、主体的にプレゼンテーションやディスカッションを行うことを期待します。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
以下の計画は受講学生の希望等により、変更の可能性があります。
01.生活設計とは1
02.生活設計とは2 自己分析1
03.社会変動とライフコース 自己分析2
04.ライフデザイン 自己分析・自己理解1
05.タイムマネージメント 自己分析・自己理解2
06.現代社会の生活課題1 家族、親子関係が抱える課題1
07.現代社会の生活課題2 家族、親子関係が抱える課題2
08.現代社会の生活課題3 家族、親子関係が抱える課題3
09.現代社会の生活課題4 食生活が抱える課題1
10.現代社会の生活課題5 食生活が抱える課題2
11.現代社会の生活課題6 ジェンダー的課題
12.現代社会の生活課題7 社会福祉・保障の抱える課題1
13.現代社会の生活課題8 社会福祉・保障の抱える課題2
14.キャリアデザインの現代的課題
   (若者の自立と雇用問題、ジェンダー的視点、ワークライフバランス等)
15.総括評価・まとめ (講義・演習のまとめと評価)
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。