山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 経済学の目で見ると
分類・系統社会科学 社会系
時間割番号 CAS002
担当教員名 宇多 賢治郎
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
教養科目(Liberal Arts)として「経済」を「学」ぶため、これまでに学習してきたであろう「情報」を組み合わせて「知識」に変える過程を示す。そこで、大学受験までに勉強したこと、大学の教養科目で学べるであろうことを組み合わせることで、「日本社会、また地域(山梨)社会を、経済の知識を軸に説明すること」の例を示す。
また、本講義はCOC地域志向型共通教育科目対象科目及びCOC+地域教養科目対象科目であり、本講義の内容を踏まえ、山梨の歴史を検証することも行う。
<到達目標>  到達目標とは
「経国済民」が語源である「経済」という言葉が、吝嗇(ケチ)、安物、節約という意味として使われるなど、専門分野の知識を機械的に暗記することで、疑問を感じ、物事への関心が持てなくなることの危険性に気づかせ、教養の必要性、考慮の重要性を再認識させる。
<授業の方法>
講義形式でおこなう。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %何を主張したかではなく、どのように説明しているかを重視して採点する。 
2小テスト/レポート 30  %講義内容を踏まえ、論理的に推理できていること。 
3受講態度 30  %他の生徒の受講する権利を守るため、それを妨げる行為に対しては厳重に対処する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
教養科目の重要性を理解してもらい、興味をかきたてる講義を目指す。特に、学ぶこと、学んだことを組み合わせて「推す」ことのおもしろさを伝えられる講義を行う予定でいる。そのため、まず受け売りの「経済学とはこういうものだ」というイメージを捨て、柔軟な姿勢で受講すること。また、中学レベルでよいので、日本史(大政奉還前まで)の復習をしておくことを勧める。
<テキスト>
  1. なし。また、配布物は最低限とする。
<参考書>
  1. 随時、紹介する。
<授業計画の概要>
講義では、テーマを設け、それに合うスライドを映し、映した内容に関する余談を交えながら、説明をする。
以下は、昨年度の大まかな講義内容であるが、時事の変化を踏まえ、変更する可能性がある。
第1〜2回.前提:教養教育の意義
第3〜4回.科学の意味の確認
第5回.  「くらしを支える税」(外部講師招聘)
第6〜9回.社会と経済の関係
第10〜11回.経国済民を考える
第12〜14回.経済の知識を踏まえて日本史、その中の山梨の歴史をみると
第15回.総括
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。