山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 人間とコンピュータ
分類・系統自然科学 科学系
時間割番号 CAN009
担当教員名 美濃 英俊/茅 暁陽/小俣 昌樹/森勢 将雅
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
人間とコンピュータに関する技術的な話題を多角的に取り上げる。コンピュータネットワークや,コンピュータグラフィックス,ユーザーインターフェース,画像音声処理,自然言語処理や機械学習,人工知能,データマイニング,人間の記憶や感性の処理,人工知能等に関する授業を通して、コンピュータと人間の知的活動や社会的活動との関係を理解する。
<到達目標>  到達目標とは
・GUIやユーザビリティなどの,ヒューマンコンピュータインタラクションに関する基礎的な用語およびその概念を説明できること
・音声情報処理技術について古典的なものから最新のものまで説明できること
・コンピュータによる視覚情報処理の基本原理を説明できること
・インターネットで情報が配送される仕組み、公開鍵暗号技術によって情報セキュリティが守られる仕組みについて説明できること
<授業の方法>
講義
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 100  %担当教員が出題する小テストおよびレポート課題により総合的に評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
講義をよく聴くことが重要である。必ず出席しレポート課題にしっかりと取り組むこと。講義資料は原則として CNS や Moodle コースにアップロード・掲示する。テキストは指定しないが、各自関心のあるテーマについて関連図書を読むことをすすめる。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
この授業は下記の 4 部で構成される。なお,担当者の予定(学務や学会出張その他)により,講義の順番は入れ替わることがあるので,注意して頂きたい.

<第 1 部> 担当 : 小俣 (4回)

(1) ヒューマンコンピュータインタラクション
(2) 人間のインタフェース特性
(3) ビジュアルインタフェース
(4) ユーザビリティテスト

<第 2 部> 担当 : 森勢 (4回)

(5) 音声情報処理の歴史
(6) 音声認識,音声合成技術の基礎
(7) 音声に対して知覚する感性情報の取り扱い
(8) 音声情報処理の最新動向

<第 3 部> 担当:茅(4 回)

(9) 人間とコンピュータによる視覚情報処理
(10) コンピュータグラフィックスの歴史と基本原理
(11) コンピュータグラフィックスの応用
(12) コンピュータグラフィックスの最新動向

<第 4 部> 担当:美濃(3 回)

(13) インターネットの仕組み
(14) インターネットと暗号技術
(15) モノのインターネット(IoT)の可能性と問題点
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。