山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 家庭の中のエレクトロニクス
分類・系統自然科学 科学系
時間割番号 CAN008
担当教員名 矢野 浩司/宇野 和行/兼本 大輔
開講学期・曜日・時限 前期・月・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
朝起きてパッとテレビが付く,スイッチポンでお湯がわき,チンで料理ができる。
通勤・通学電車,通学路の照明,交差点の信号,電気がなければ止まります。みんな電気のお陰です。私たちの身の回りの電子機器に目を向け、エレクトロニクスの基礎を広い視野で理解する。動作原理や機器の機能等の講義に加えて、人への配慮、社会や環境に与える影響への配慮等についても講義を行う。
<到達目標>  到達目標とは
・電子機器に搭載される一般的な集積回路の歴史,利用方法,動作原理,技術的克服課題を説明できるようになること
・基本的な論理回路の動作を説明でき,初歩的な回路の設計ができること
・太陽電池の基本原理が説明できる
<授業の方法>
視覚情報を多用した講義を主体とする。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 100  %動作原理や人間社会との関わりを説明できる 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
講義は個々の電子機器についての解説でなく、基本的な原理を視野において、工学的、科学的センスでエレクトロニクスを理解しつつ、人間社会との関係を見つめ直す。


01.省エネ、環境問題とエネルギー戦略(矢野)

02..太陽光発電とは(矢野)
   
03.半導体の物理(矢野)

04. 太陽電池の動作と特性(矢野)

05. 太陽電池のまとめ(矢野)

06.照明の仕組み(蛍光灯とLEDとレーザー)(宇野)

07.オプトエレクトロニクス(宇野)

08.モーターの仕組み(宇野)

09.発電の仕組み1(宇野)

10.発電の仕組み2(宇野)

11.家庭の中の集積回路(兼本)

12.集積回路の仕組みと中身1(兼本)

13. 集積回路の仕組みと中身2(兼本)

14.集積回路の仕組みと中身3 (兼本)

15.最新技術を支える集積回路,まとめ(兼本)
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。