山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 教養としてのジェンダー
分類・系統健康福祉 社会系
時間割番号 CAH026
担当教員名 角田 聡美
開講学期・曜日・時限 前期・金・III 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
ジェンダーは、現代社会に生きる私たちに必要な基本的な概念です。本授業では、まずジェンダー概念を身につけます。次に、自身の性自認などが、どのように構築されてきたのかを理解します。そして、自分とは異なる価値観をもつ人びととの理解を深めるため、性に関する事項を広く理解して行きます。
<到達目標>  到達目標とは
多様な知識の獲得をするための基礎として、ジェンダー概念を活用できることを目標とします。
 ジェンダー概念が説明できること。
 ジェンダーに関する諸問題が、どのように構築されてきたのか要約できること。
 ジェンダー概念を基礎として、他者理解の態度を示すことができること。
 
<授業の方法>
毎回、リアクションペーパーの提出を行います(授業内容の確認と質疑応答のため)。
複数回、グループディスカッションと発表を求めます(到達目標確認のため)。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 60  %到達目標と照らし合わせます。 
2小テスト/レポート 10  %リアクションペーパーから、授業の理解度をはかります。 
3受講態度 10  %自身の問題としてジェンダーを捉えているかをみます。 
4発表/表現等 20  %自身の考えを説明でき、他者理解の態度が示せるかをみます。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 伊藤公雄, ジェンダーの社会学, NHK出版, ISBN:978-4-595-30851-2
<授業計画の概要>
1. オリエンテーション
2. ジェンダーと生物学的な性差:ジェンダー概念の理解と性別の線引について考える。
3. 文化の中のジェンダー:文化的・歴史的に異なるジェンダーを知る。
4. セクシュアリティとジェンダー:セクシュアル・ライツを身につける。
5. 子どものジェンダー化:子どもの発達におけるジェンダーの影響力を考える。
6. 物語にみられるジェンダー:我々や物語が社会から受ける影響を捉える。
7. 女らしさと男らしさ:らしさが構築された過程を知る。
8. 性暴力とジェンダー:DVの現状把握と予防方法を考える。
9. 摂食障害とジェンダー:女性患者が多い理由を知る。
10. 教育とジェンダー:教育におけるジェンダー・バイアスを認識する。
11. キャリアと労働のジェンダー:ワーク・ライフ・バランス社会について考察する。
12. スポーツとジェンダー:近代スポーツにおけるジェンダー問題を明らかにする。
13 . 結婚とジェンダー:結婚が社会的なものであると認識する。
14. 家族と家事のジェンダー:近代家族の成立と現代への影響を知る。  
15. まとめ
あくまで計画なので、様子をみながら適宜変更します。