山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 臨床心理学を学ぶ
分類・系統健康福祉 心身・芸術系
時間割番号 CAH021 A
担当教員名 田中 健史朗
開講学期・曜日・時限 後期・火・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
臨床心理学を構成する人格・発達の理論,精神病理の理論,心理アセスメント,心理療法の基礎を学ぶことを通して,現代社会で起こっている様々な心の問題について理解する。また,心の問題と発症過程について具体的な事例をもとに学び,臨床心理学の観点から援助の仕方について理解する。
<到達目標>  到達目標とは
臨床心理学に関する基礎的な理論・概念を説明できる。また,それらの知見を日常場面に応用できる。
<授業の方法>
パワーポントを用いた講義を中心に行う。また,適宜視聴覚教材により実際の事例やそれに対する援助論を紹介する。さらに,心理アセスメントや心理療法について疑似的に体験する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %臨床心理学に関する基本的な理論や概念を理解しているか。 
2小テスト/レポート 40  %授業で学んだ知識を身近な経験に結びつけて考えることができるか。 
3受講態度 10  %講義・課題に積極的に課題に取り組んでいるか。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
うつ病や人格障害,精神病,神経症,発達障害など様々な心の問題を取り上げます。心の問題について関心を持ち,自主的かつ積極的に学び,支援する態度を身に付けたい学生の受講を期待します。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 川瀬正裕・松本真理子・松本英夫, 心とかかわる臨床心理―基礎・実際・方法(第3版), ナカニシヤ出版, ISBN:9784779509315
<授業計画の概要>
1. オリエンテーション:臨床心理学とは何か
2. 人格理論(1):無意識の理論と心の病(ヒステリー)
3. 人格理論(2):人類共通の無意識と心の病(統合失調症)
4. 人格理論(3):理想と現実のズレが引き起こす心の病とカウンセリング
5. 発達理論(1):親と子の絆
6. 発達理論(2):子どもの成長と発達の問題
7. 発達理論(3):発達早期の問題(自閉スペクトラム症,ADHD,限局性学習症)
8. 心理アセスメント(1):知能指数(IQ)を測定する方法
9. 心理アセスメント(2):心を測る方法(質問紙法と作業検査法)
10. 心理アセスメント(3):無意識を測る方法(投映法)
11. 心理療法(1):無意識と向き合う心理療法
12. 心理療法(2):考え方を変える心理療法
13. 心理療法(3):家族みんなで考える心の問題と心理療法
14. 心理療法(4):ストレスを減らす心理療法
15. 授業のまとめ:現代社会が抱える心の問題