山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 医工学と現代社会
分類・系統健康福祉 科学系
時間割番号 CAH004
担当教員名 岸上 哲士
開講学期・曜日・時限 前期・月・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
生命科学は、20世紀の後半から現在までめざましい進歩を遂げ、現代社会に大きな影響を及ぼしている。その研究の成果は、人々の生活への応用という面で現代の医学や工学と連動し、「医工学」ともよばれるようになっている。医工学は、人の健康や社会生活に貢献する一方、多くの複雑な課題や葛藤を現代社会につきつけている。
 本講義では、こうした現代の生命科学(一般にライフサイエンスと呼ばれる)の研究成果と社会への影響について広く学ぶため、生殖補助医療技術による生命操作、抗生物質と耐性菌、原発、公害、脳死等がどのようなものであるかを種々の事例を上げて概説する。そして、それらが現代のわたしたちの生活においてどのように応用され、また影響を与えつつあるか等について論ずる。本講義により、医工学と現代社会の諸問題について正確でかつ広汎な知識を身につけ、さらにライフサイエンスへの興味およびそれらの諸問題や生命倫理への強い問題意識を醸成する。
<到達目標>  到達目標とは
1.社会に関わるライフサイエンスの基礎的事項や考え方を説明できる。
2.社会に利用されるライフサイエンスに関わる最先端技術に対して、利点とリスクを説明でき、さらに自分の考えを理由とともに論理的に説明できる。
3.社会に関わるライフサイエンスの必要な情報について、図書館やインターネットを通じて入手できる。
<授業の方法>
講義を主体とし、講義中に出す医工学の課題に対して自分の意見を書く作業を通じて、自分の考えをまとめる。また予習課題を通じて、自ら社会問題の背景や医工学の技術を調べることが求められる。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %講義で取り上げた現代社会の問題に対する理解と自分の意見を論理的に説明できること 
2小テスト/レポート 50  %講義中に出す課題を含むリフレクションペーパーの内容を評価 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
本講義の課題に強い興味をもって参加する学生を歓迎します。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 西沢いづみ, 生物と生命倫理の基本ノート, 金芳堂, ISBN:978-4-7653-1558-6
<授業計画の概要>
第1回 医工学の概説
第2回 生殖補助医療技術と現代社会1:生殖補助医療技術
第3回 生殖補助医療技術と現代社会2:卵子と精子提供
第4回 生殖補助医療技術と現代社会3:代理母
第5回 生殖補助医療技術と現代社会4:着床前診断
第6回 生殖補助医療技術と現代社会5:出生前診断
第7回 生殖補助医療技術と現代社会6:遺伝子操作
第8回 医療技術と現代社会1:脳死
第9回 医療技術と現代社会2:安楽死
第10回 薬と現代社会1:感染症
第11回 薬と現代社会2:寄生虫
第12回 薬と現代社会3:薬害
第13回 科学技術と現代社会1:公害
第14回 科学技術と現代社会2:原発
第15回 総括評価:まとめ
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。