山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 現代生活とバイオテクノロジー
分類・系統健康福祉 科学系
時間割番号 CAH003
担当教員名 岸上 哲士/黒澤  尋/新森 英之/野田 悟子/幸田 尚/大槻 隆司/若山 照彦/大山 拓次/山村 英樹/早川 正幸/川上 隆史/志浦 寛相
開講学期・曜日・時限 後期・木・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
バイオテクノロジーは生物・細胞・生体分子の持つ機能を工学に利用する技術であり、21世紀において、創薬、エネルギー、環境、食糧および医療などの広範な分野への貢献が期待される。
この講義では、基盤から先端までのバイオテクノロジー、ならびに、それを用いた最先端の研究内容を人間生活に身近な例も取り上げて紹介する。
生命工学科の各教官が解説する生命系の学問および研究内容に強く興味、関心のある学生に受講を勧める。
<到達目標>  到達目標とは
・生命工学科の教員が行なっている多様な専門分野の考え方や最先端の研究の基礎事項が説明できる。
<授業の方法>
生命工学科の各教官が専門分野や研究内容をプロジェクター等を用いて解説する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %講義内容に関する設問により理解度を評価する 
2受講態度 60  %授業に取り組む姿勢(積極性など)を評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
出欠確認はカードシステムのみで行います。
学生証を忘れた場合でも、「出席調査票」は受け付けません。
学生証を忘れると欠席扱いになりますので注意して下さい。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1. 細胞とは何か ――再生医療のはなし−−(黒澤)
2. 生殖細胞 ―子供の作り方―(若山)
3. クローン動物とは何か ―新しい生殖技術―(若山)
4. 生物の多様性と進化(野田)
5. DNAと遺伝子工学(大槻)
6. ゲノムからみた生物(幸田)
7. 遺伝子の機能変化が個体に及ぼす影響(岸上)
8. 発生とエピジェネティクス(志浦)
9. ケミカルバイオロジーと創薬(川上)
10. Molecular machinery=分子装置 (大山)
11. ナノテクノロジを利用した生体機能制御(新森)
12. 新しい微生物の発見から応用(山村)
13. 抗生物質 −微生物からの贈り物−(早川)
14. 医薬微生物の探索と機能開発(早川) 
15. 総括評価(総括、試験等)(黒澤)
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。