山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 ポピュラー音楽から見るアメリカの歴史と社会
分類・系統人文科学 文化系
時間割番号 CAC033
担当教員名 鈴木 健之
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
全学部生
<授業の目的>
授業では、「ポピュラー音楽」、なかでも「ロック・ミュージック」を主たる対象として、「ロックの歴史」を紐解きながら、アメリカの歴史と社会について学んでいく。
<到達目標>  到達目標とは
ロック・ミュージックの成立と展開を見ることをとおして、歴史と社会の多面的な見方ができるようになること。
<授業の方法>
まず「聴く」。そして「見る」。時に「口ずさむ」、時に「歌う」、時に「叫ぶ」。これらをこの授業の目標にしたい。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %期末試験による。 
2小テスト/レポート 20  %リアクションペーパー等による。 
3受講態度 20  %出席 
4発表/表現等 10  %リアクションペーパー等による。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
テキスト・参考書については、授業において適宜指示する。大音量の授業になるので注意されたし。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.イントロダクション(ロックから見るアメリカ史)
2.スピリチュアル、ゴスペル、ブルース(もう一つのアメリカ史1)
3.リズム&ブルース、カントリー&ウエスタン(もう一つのアメリカ史2)
4.エルヴィス・プレスリー(自由・平等・友愛を求めて1)
5.ザ・ビートルズ1(自由・平等・友愛を求めて2)
6.ザ・ビートルズ2(自由・平等・友愛を求めて3)
7.ザ・ビートルズ3(自由・平等・友愛を求めて4)
8.ボブ・ディラン(理想と現実のはざまで1)
9.70年代ロック(理想と現実のはざまで2)
10.パンクロックとヒップホップ(破壊と再生)
11.マイケル・ジャクソン(理想と現実のはざまで3)
12.80年代ロック(MTV革命:「聴く」から「見る」へ)
13.90年代ロック(オルタナティブロックとオルタナティブ社会)
14.新世紀のロック(21世紀のアメリカ社会、そして日本社会)
15.まとめ
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。