山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 幾何学的デザイン入門
分類・系統人文科学 心身・芸術系
時間割番号 CAC027
担当教員名 村松 俊夫
開講学期・曜日・時限 後期・木・I 単位数 2
<対象学生>
全学部・全学年
<授業の目的>
「デザイン」は、ともすると「感性」や「経験則」や「暗黙知」として語られることが多い。本授業では自然界や基本形態あるいは過去の造形作品、あるいは既存のマーク(たとえば山梨大学校章・山梨県立図書館)のなかに確認される様々な“美的秩序”を「幾何学」の視点から説明できる態度を養うことを目的とする。
主として2次元上の図形に関連した作図や、図形パズルなど通して理解する。
※ COC地域志向型共通教育科目対象科目及びCOC+地域教養科目対象科目となります。
<到達目標>  到達目標とは
幾何学的原理をもとにした造形やデザインを
1.正確に再現できる。
2.数理的視点から説明できる。
3.新しい発想のきっかけにできる。
<授業の方法>
講義科目であるが、毎回提出物を前提とする演習を積極的に取り入れる。
視聴覚メディアと実物を多用し、平易に解説したい。
アクティブラーニングとしての授業の特質、講義室の構造、配布資料作成等の事情から履修定員は50名を上限とする。希望者がこれを超えた場合には、抽選により履修者を決定する。なお、抽選はコンピュータ処理によりおこない、上学年が優先される。
進度状況により、授業内容が前後したり、一部割愛される場合がある。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %授業理解度、発表・表現力を見るための演習課題を毎回設定。その提出状況・内容により評価。 
2受講態度 30  %能動的受講姿勢を高く評価。日常的勉学努力も考慮する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
演習には、簡単な文房具類(A4版レイアウト用紙、はさみ、カッター、カッター用下敷き、セロテープ、のり、三角定規、コンパス、など)が必要である。導入授業時に指示するので、各自が用意すること。
授業の進み具合によっては、内容の変更・順序の入れ替わり・一部割愛などがありうる。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.ガイダンス:様々なデザインの中に見られる幾何学
2.規・矩・準・縄:かたちを構成する原理
3.○△□:円の連続による山梨大学校章
4.○△□:アクロバティックなデュードニーの解
5.○△□:様々なかたちを正方形へ直す
6.矩形のいろいろ:ワイドテレビは◯:□?
7.白銀比と黄金比:山梨県立図書館のマークに見る黄金比
8.正5角形:5角形による平面敷き詰めは可能か?
9.正奇数角形のかたち:正17角形は描けるか?
10.曲線のかたち:アルキメデス螺旋と対数螺旋
11 組み替えパズル○:コロンブスの卵とブロークン♡
12.組み替えパズル□:タングラムと清少納言知恵板
13.□による空間・立方体の展開図から意外な立体
14.△による空間・正4面体の2等分・正4面体の4等分
15.総括評価・まとめ etc.
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。