山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 日本語表現の現在
分類・系統人文科学 文化系
時間割番号 CAC010
担当教員名 長谷川 千秋
開講学期・曜日・時限 後期・火・V 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
日本語を当たり前のように使っているあなたは、日本語について何を知っていますか? 日本語について語ることができますか? ことばは、単なるコミュニケーションの道具ではありません。ことばは、そのことばを話す人の属する文化・社会と密接に結びついた、アイデンティティそのものです。本授業では、日本語の歴史を振り返りながら、現代の日本語表現について知ることを目的としています。特に、日本語の表現が多様であることの意味を、文化・社会と言語の関わりという観点から考えていきます。多様性のルーツをさぐるため、日本語の歴史(古語)を扱うことがあります。また、地域毎のことばの多様性という観点から、山梨の方言を扱うことがあります。
当該講義は、COC地域志向型共通教育科目及びCOC+地域教養科目の対象科目に指定されています。
<到達目標>  到達目標とは
•様々な学問分野の考え方
当該科目の学問分野(日本語学、社会言語学)の考え方を説明できる。
•批評力
学んだ内容を自らの言葉で的確に論評・伝達できる。
<授業の方法>
講義を中心としますが、与えられた課題についてレポートを書き、発表する時間があります。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %論述式による試験を行う 
2小テスト/レポート 30  %与えられた課題に対して積極的に取り組んでいるか 
3受講態度 10  %受講にあたって質問をするなど積極的な態度が見られるか 
4発表/表現等 10  %与えられた課題に対して積極的に取り組んでいるか 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
日本語学に関する専門的な内容を、初めて受講する人にもわかりやすく解説していきます。自分自身のことばを振り返り、当たり前のようにして使っていることばのあり方、使い方に疑いをもち、答えを探求するという意識をもって受講してください。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回 オリエンテーション、H29国語に関する世論調査に基づくアンケート
第2回 ことばに対する意識について:H29国語に関する世論調査結果を用いて
第3回 ことばは社会の影響を受けるもの:H29国語に関する世論調査結果を用いて
第4回 ことばの変化(その1):H29国語に関する世論調査結果を用いて
第5回 ことばの変化(その2):H29国語に関する世論調査結果を用いて
第6回 グローバル社会における日本語(その1):社会と言語の相関性
第7回 グローバル社会における日本語(その2):日本語の未来は
第8回 外国語としての日本語:山梨県の外国人住民実態調査から
第9回 日本語の多様性(その1):標準語の歴史、
第10回 日本語の多様性(その2):標準語と地域方言(山梨を中心に)
第11回 日本語の多様性(その3):日本語とは
第12回 日本語表現の多様性(その1):定型表現から
第13回 日本語表現の多様性(その2):インターネットを用いて
第14回 日本語表現の多様性(その3):近代小説を用いて
第15回 まとめ・試験
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。