山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 山梨大学から見る大学の歴史と現在
分類・系統人文科学 文化系
時間割番号 CAC005
担当教員名 日永 龍彦
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
 江戸時代から続くと言われる本学とそれが位置づく山梨の歴史を学ぶとともに、大学の歴史を学ぶことを通じて、高校までに学んだ近現代史を別の角度から捉えなおすとともに、歴史的なものの見方、考え方を養うことを目的とする。授業では大きく、世界と日本の高等教育史の中に本学の歴史を位置づけていく。資史料を基にした講義を行なうとともに、個人による、それぞれの興味関心に応じた調査活動を通じて「山梨」あるいは「山梨大学」の歴史を学生が描いていくことも目指したい。これら学びを通じて受講生一人ひとりが山梨大学で学んでいくことの意味を見出すきっかけになることを期待している。
※ COC地域志向型共通教育科目対象科目及びCOC+地域教養科目対象科目となります。
<到達目標>  到達目標とは
・山梨大学を含む大学の歴史が政治や経済などさまざまな要因に影響を受けていることを理解し、それをふまえてレポートを作成できる。(多様な知識)
・講義の聴講と自ら課題を設定してレポートやポスターにまとめることを通じて、歴史的なものの見方や考え方を知り、それをふまえてレポートを作成できる。(様々な学問分野の考え方)
・自ら課題を設定して調べた内容について、レポートやポスターにまとめて表現できる。(批評力、文章表現力・口頭発表力・論理的思考力の基礎)
・自ら設定した課題の解明に必要な文献を収集・活用できる。(情報収集力・情報選択力の基礎)
<授業の方法>
必要に応じて受講生各自が事前に調べてきたことを基に授業を行なったり、授業内外でのグループワークやフィールドワークにより本学の歴史を紹介する資料の作成とポスターセッションによる発表を行なうなど、双方向的な授業方法を採り入れていく。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 60  %「多様な知識」の定着度を図るためミニレポートを課し、(1)正確な知識に基づき記述されているか、(2)学んだ内容を自らの言葉で的確 に記述できているか(批評力)を評価する。また、個々の受講生が 設定したテーマについて期末レポートを課し、(1)適切な文献の収集 ・活用を行なっているか(情報収集力・情報選択力の基礎)、(2)適切な手順に従った文章を書けているか(文章表現力の基礎)、(3)情報を多面的・客観的にとらえ、筋道を立てて根拠を示しながら説明できているか(論理的思考力の基礎)、(4)歴史的なものの見方や考え方をふまえて記述できているか(様々な学問分野の考え方)、を評価する。 
2受講態度 20  %授業内外での学習状況、課題への取り組み状況、グループワーク等への参加状況を評価対象とする。 
3発表/表現等 20  %個々の受講生が設定したテーマについてポスター発表等を行ない、(1) 学んだ内容を自らの言葉で的確に表現できているか(批評力)(2)論 理的根拠を伴って、わかりやすく話すことができているか(口頭発 表力の基礎)。その内容を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
授業時間外における予習・復習その他の学習活動への参加を前提に授業を進めていく。授業中に限らず、それ以外の時間の活動についても積極的な参加が望まれる。
<テキスト>
  1. 必要に応じて資料を配布する。
<参考書>
  1. 丸田銓二朗(編), 山梨大学学芸学部沿革史, 山梨大学学芸学部
  2. 御園生桂三郎(編), 山梨大学工学部四十年史, 山梨大学工学部創立四十周年記念会
  3. 山梨県教育委員会, 山梨県教育百年史 第1・2巻, 山梨県教育委員会
  4. 海後宗臣, 寺崎昌男, 大学教育(戦後日本の教育改革9), 東京大学出版会
  5. 天野郁夫, 大学の誕生(上)(下), 中公新書
<授業計画の概要>
(受講生は各自で課題を設定し、授業と並行して最終レポート及びその内容を要約した口頭発表の準備を進めていきます。そのため、各回の授業に対する課題は特に課しません。授業では講義が主になりますが、各回のテーマを概説する過程で受講生が調べている内容については適宜発表を求めます。また、受講生の数、個々の受講生の興味関心や理解度により修正をすることがあります。)
第1回 オリエンテーション,山梨大学の略史 本学の歴史をごく簡単に概説します。
第2回 グローバリゼーションの進展と日本の大学ー山梨大学の現在 左記テーマについて概説します。
第3回 欧米における大学の誕生・展開と日本への影響 左記テーマについて概説します。
第4回 明治以前の甲府の発展と教育 左記テーマについて概説します。
第5回 日本の近代化と教育制度の整備(1) 明治期 左記テーマについて概説します。
第6回 日本の近代化と教育制度の発展(2) 大正期 左記テーマについて概説します。
第7回 戦間期の高等教育機関の歴史 本学の年史をもとに、当時の状況(とりわけ甲府空襲の日の様子)を確認します。
第8回 戦後大学改革(1) 旧制高等教育機関から新制大学へ 左記テーマについて概説します。
第9回 戦後大学改革(2) 新制大学の水準維持・向上への取り組み 左記テーマについて概説します。
第10回 経済復興と大学の量的拡大(1) エリート教育機関からマス(大衆)教育機関へ 左記テーマについて概説します。
第11回 経済復興と大学の量的拡大(2) マス教育機関からユニバーサルな教育機関へ 左記テーマについて概説します。
第12回 規制緩和と国立大学の統合・法人化(1) 大学に対する規制緩和 左記テーマについて概説します。
第13回 規制緩和と国立大学の統合・法人化(2) 国立大学の統合と法人化 左記テーマについて概説します。
第14回 学習成果の報告 ポスター発表等を行ない、批評力や口頭発表力の基礎の定着が図れているかを評価します。
第15回 授業の総括・学習の振り返り・授業アンケート 授業を振り返り、受講生が自らの目標到達度や学習の進捗状況を確認します。
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。