山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 日本古代の政治と文化
分類・系統人文科学 文化系
時間割番号 CAC002
担当教員名 大隅 亜希子
開講学期・曜日・時限 後期・木・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的>
本講義では、5世紀から奈良時代までの通史を概観しながら、日本列島で暮らした人びとの「文化」形成について考える。日本の古代社会は、朝鮮半島や中国大陸との関わりを通じて、国家形成を行ってきた。日本をとりまく国際環境が変化する中、周辺国との歴史的な関係を理解するきっかけとしてほしい。そして、中学・高校の「教科書」による理解ではなく、資料・史料に基づいた歴史的視点の習得を目指している。
さらに、今年度も、山梨の遺跡や古代甲斐国にかかわる史料を紹介しながら、「文化の地域性」について考える。人間生活の積み重ねが文化を形成していくことに気づき、そこから他文化への興味をもつきっかけとなることを目指したい。
※ COC地域志向型共通教育科目対象科目及びCOC+地域教養科目対象科目となる。 
<到達目標>  到達目標とは
・アジアにおける日本文化の特質を史料・資料など、多様な知識の獲得を通して、学校の「教科書」による歴史的知識の習得ではなく、歴史的事実を客観的に考察する力を身につける。
・毎講義ごとに提出するミニットペーパーでは、講義への質問、感想をまとめることで、批評力、文章力を身につける。
<授業の方法>
毎講義ごとに、関係する史料・資料を、講義レジュメとして配布し、それに基づいて講義をすすめる。毎回終了時に、講義内容への質問をミニットペーパーに記入して提出してもらい理解度(平常点)の評価材料とする。全体で6割以上の出席を、単位取得の条件とする。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %論述形式でおこなう。多様な知識の獲得を通して、自らの見解を論理的に説明する力を問う。 
2受講態度 50  %ミニットペーパーの内容を通して、講義への理解度、及び批評力を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
 高校での日本史選択の有無は、講義の理解に影響しない。興味を持ち、そこから自ら考えることを重視する。そのため、授業ごとに提出してもらうミニットペーパーの内容を重視し、評価の材料とする。現代日本をとりまく環境がめまぐるしく変化する中で、感情ではなく、冷静な視点で歴史的事象を考えることを大切にしたいと思っている。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 松木武彦, 日本の歴史1 列島創世記, 小学館, ISBN:978-4-09-622101-3
  2. 日本の歴史1 日本のはじまり 旧石器〜縄文・弥生・〜古墳時代, 角川書店, ISBN:978-4-04-101402-5,
    (角川まんが学習シリーズ)

  3. 日本の歴史2 飛鳥朝廷と仏教 飛鳥〜奈良時代, 角川書店, ISBN:978-4-04-101509-4,
    (角川まんが学習シリーズ)
<授業計画の概要>
1 ガイダンス 〜邪馬台国から古墳時代へ〜
2 4世紀における朝鮮三国と倭国
3 渡来人がもたらしたもの〜文字・馬・技術の伝来〜
4 5世紀の倭の五王と中国
5 甲斐の古墳文化
6 東アジアにおける仏教文化〜遺構から寺院成立を考える〜
7 仏教の伝来と飛鳥時代
8 天武朝の仏教政策〜地方への仏教伝播〜
9 『日本書紀』にみる甲斐の伝承
10 奈良時代〜律令国家と仏教〜
11 東大寺の成立
12 正倉院文書の世界〜写経所の生活〜
13 正倉院文書にみる甲斐国
14 古代国家の形成と文化
15 総括評価:まとめ
<JABEEプログラムの学習・教育目標との対応>
《土木環境工学科》
(A) 技術者の責務の自覚
 様々な知識を修得し、技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者の社会に対する責任を理解して、これを説明することができる。