山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
幾何学
佐藤 眞久
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TPT002 2 CS 2 後期 V
[概要]
2次元および3次元の具体例を扱い、1次変換がどのように図形に影響を及ぼすかを理解する。
[具体的な達成目標]
1次変換の基礎を理解し、線形代数の応用例を知ることを目標とする。
[必要知識・準備]
高校数学までで学ぶ幾何学の基礎知識と理解、および、大学1年次で学ぶ線形代数学の基礎知識と理解。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %要求される基本的な内容が理解できている。 
2小テスト/レポート 60  %要求される基本的な内容が理解できている。 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
  1. 江見 圭司, 江見 善一, ベクトル・行列がビジュアルにわかる線形代数と幾何, 共立出版, ISBN:9784320017641
  2. 秋山 仁, 1次変換のしくみ, 森北出版, ISBN:9784627012615
  3. 桜井 基晴, 線形代数への招待, 聖文新社, ISBN:9784792201067
  4. 竹内伸子・泉屋周一・村山光孝, 座標幾何学, 日科技連, ISBN:9784817192684
  5. 飯高 茂, 線形代数―基礎と応用, 朝倉書店, ISBN:9784254115833
[講義項目]
第1回:ベクトル空間
第2回:空間図形の方程式
第3回:1次変換
第4回:回転移動
第5回:対称移動
第6回:正射影
第7回:1次変換
第8回:線形変換
第9回:固有値と固有ベクトル
第10回:ベクトルの1次独立
第11回:固有値と1次変換
第12回:行列の対角化
第13回:グラムシュミットの正規直交化法
第14回:2次曲線と1次変換
第15回:まとめと期末試験
[教育方法]
例題などを実際に解きながら理解を深め、授業内容の理解度は、期末試験と小テスト/レポートとによって評価することを原則とする。ただし、教職科目のため、人数が少ない場合は輪講形式をとることもあり、その場合は、小テスト/レポートの配点は発表/表現等に振り替えられる。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)