山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
ベンチャービジネス論
戸田 達昭
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TPC400 2 ME/EE/CS/JM/CE/AC 4 前期 I
[概要]
山梨含めた地方だけではなく世界の状況は時代とともに変化し、同様に課題も変化し多様化しています。またIT含めた各種イノベーションによって世界の垣根は取り払われ、より一層課題の多様化が加速しています。
それら多様な課題を解決する方法の一つに“起業”という方法があります。本授業では様々な起業や事業のカタチを一流講師陣のレクチャーやディスカッション等を含めながら理解していただくと共に、起業だけではなく就職やその後の社会人活動にも役に立つような、課題解決に向けた思考やプレゼンテーション能力を育んでいただきます。具体的なテーマとしては、山梨をはじめとした地域の課題を解決する事業モデルの構築や、皆さんが研究するテーマと社会課題の関係性の考察や事業化の検討等を想定しており、期末には本授業での学びの集大成として、内外の関係者に対して、プレゼンテーションをしていただくことを想定しています。担当教員は山梨初の学生起業家(山梨大学出身)である戸田達昭が務めます。
※本授業科目は「COCコース別専門科目」
[具体的な達成目標]
〇起業に関する基本的な知識を習得すること。(例:ベンチャービジネスと一般のビジネスの違いを理解できること 等)
〇ワークショップ等チームでの取り組みを通じて、協調性を育み、チームビルディングについて理解すること。
〇多様な課題を解決するアイデアを考え、それを事業プランに変え、共感を得るプレゼンテーションが行えるようになること。
〇自らの夢や、取り組む研究について起業家としての目線で捉えることが出来るようになること。
[必要知識・準備]
〇地域の課題や解決したいテーマなどを常に考えていてください。それらをもとにディスカッションをしていきます。
〇授業内における情報収集のためPCやスマートフォンの持ち込みは可です。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 20  %各回の内容の理解度をレポートにて評価します。 
2受講態度 20  %全生徒に10点を与え、授業への態度・熱意等を鑑みて増減します。 
3発表/表現等 60  %期末に実施予定のプレゼンテーションの質や姿勢を評価します。 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
  1. トーマツベンチャーサポート 著, 起業家とつくった 起業の教科書, 日経BP社, ISBN:978-4822235871
  2. トーマツベンチャーサポート 著, 地方創生実現ハンドブック, 日経BP社, ISBN:978-4822279639
[講義項目]
4月18日:第1回:“ベンチャービジネスとは”オリエンテーション、ビジネス基礎
4月25日:第2回:“山梨発世界で戦うためには”HACK JAPAN ホールディングス(株) 代表取締役 保坂 東吾 氏
5月 2日:第3回:“世界を変えるITサービスの作り方”(株)カカクコム執行役員 食べログ共同創業者 宮島 壮洋 氏
5月 9日:第4回:振り返り1(1〜3についてのまとめ、グループワーク、発表)
5月16日:第5回:“高付加価値サービスとは何か?山梨、地域発世界へ”(株)コアストリーム 代表取締役 浅見 義治氏
5月23日:第6回:“IoTやAIが作る世界”(株)スカイディスク COO 金田 一平 氏
5月30日:第7回:振り返り2:(5〜6についてのまとめ、グループワーク、発表)
6月 6日:第8回:山梨・世界で活躍するスタートアップ、大企業とのセッション
6月13日:第9回:山梨・世界で活躍するスタートアップ、大企業とのセッション
6月20日:第10回:振り返り3:(8〜9についてのまとめ、グループワーク、発表)
6月27日:第11回:“ビジネスプラン作成並びにプレゼンテーションの極意“(一財)SFCフォーラム事務局長 廣川克也 氏 
7月 4日:第12回:ビジネスプランの作成1
7月11日:第13回:ビジネスプランの作成2、1次発表、ブラッシュアップ
7月18日:第14回:ビジネスプランの作成3、2次発表、ブラッシュアップ ※レポート作成提出
7月25日:第15回:ピッチイベントでのプレゼンテーション、評価、総括
[教育方法]
起業や企業経営における基本的な知識を理解していただくと共に、担当教員によるファシリテーションの下、一流講師陣によるレクチャー、ディスカッションやワークショップ等アクティブな学びを通じてより理解を深めていただきます。また、山梨含めた地域や社会の課題に対して、自らの研究テーマと関連付けたり、イノベーティブなビジネスモデルを考え、プレゼンテーションをしていただきます。なるべく多くの起業家や事業家、専門家と接する中で、ネットワークの形成や学びの深化を狙います。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)