山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
特別講義
他/鳥山 孝司
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TME402 1 ME,D 4 集中 (未登録) (未登録)
[概要]
機械工学がモノづくりに多大な貢献を果たしていることを踏まえ、その基礎技術である塑性工学、生産工学について学ぶ。その基盤技術を踏まえ、近年、研究・開発は、少子高齢化対策や社会のノーマライゼーションに向けた社会福祉分野への応用求められている.
本特別講義では,上記の、塑性工学、生産工学を学んだ後、・・・。
[具体的な達成目標]
これまで学習した,いずれかの機械工学技術の視点に立ち,その社会的な有用性を検討・考察できるようになることを達成目標とする.
[必要知識・準備]
基礎的な力学及び材料力学、塑性加工、バイオメカニクス。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 100  %課題を理解し十分な検討をし,整合性のある文章で論述できること 
[教科書]
  1. 特になし.必要な情報を配布資料として準備する.
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
本講義は以下の二部構成である。はじめに、ものづくり技術の本質を学ぶ。具体的には、塑性加工技術が現在のモノづくり産業に多大な貢献を果たしていることを学び、技術立国日本を支える研究・開発の最先端を紹介する。続いて、・・・。

A) 生産工学と塑性加工
1)生産加工
2)マテリアルプロセッシング
3)塑性加工技術
4)総論

B)移動支援とメカトロニクス
1)行動とモビリティ
2)交通・移動手段とアクセシビリティ
3)支援技術の研究・実用例
4)総論
[教育方法]
議論を交えた講義を行う.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《機械システム工学科機械デザインコース》
(C) 【機械工学の基礎】
機械工学に関する基礎知識を修得し,これらの知識を活用して機械工学に関連する諸問題が解決できる能力を身につける.
[その他]
(未登録)