山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
加工学II
中山 栄浩
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TME312 2 ME,D 3 前期 III
[概要]
機械製作法は,切削・研削などの「除去加工」,鍛造・圧延・プレスなどの「塑性加工」,ならびに溶融あるいはそれに近い高温状態を利用して材料を成形・接合するいわゆる「溶融加工」の3つに大別される.これらの加工法は,いずれも材料の性質と密接な関係を有しているが,その中でも塑性加工と溶融加工は金属材料の有する物性や力学的性質などに関連する多くの知識を必要とし,またこれらが製品の加工性や性能に著しい影響を与える.
本科目では,「加工学I」に引き続き塑性加工法と溶融加工法に関連する基礎知識の習得を目指す.
[具体的な達成目標]
加工学IIでは以下の項目を習得することを達成目標とする.
1)溶融加工法の原理と特徴ならびに各種加工方法の基本的事項が説明できる.
 各種溶接法(融接,圧接,ロウ付け)の原理と特徴が説明できる.
 各種鋳造法(砂型鋳造,金型鋳造など)の原理と特徴が説明できる.
 特殊鋳造法(ダイカスト,重力金型鋳造など)の原理と特徴が説明できる.
 溶接欠陥および鋳造欠陥が分類でき,それらの発生原因についても説明ができる.
2)塑性加工法の原理と特徴ならびに各種加工方法の基本的事項が説明できる.
 各種塑性加工法(鍛造,圧延,プレスなど)の原理と特徴が説明できる.
[必要知識・準備]
本科目は2年後期に開講される「加工学I(基礎工学)」の内容を引き継いでいる.具体的には,「加工学I」では機械製作法の中で『除去加工』を中心に学習するが,「加工学II」では『塑性加工』と『溶融加工』について学習する.すなわち「加工学I」と「加工学II」の学習により加工法全般に関する基礎知識の修得が達成される.

また「材料の科学I(基礎工学)」で学んだ金属材料に関する基礎的な内容を復習しておくことが望ましい.さらに,並行して開講される「材料の科学II(基礎工学)」についても,関連深い内容を多く含むので十分に理解することが望ましい.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %総合的な理解度を確認 
2小テスト/レポート 50  %各回の講義内容に関する理解度を確認 
[教科書]
  1. 平井三友,和田任弘,塚本晃久, 機械系教科書シリーズ3 機械工作法, コロナ社, ISBN:4339044814
[参考書]
  1. 田村博, 新しい機械工学6 溶融加工, 森北出版, ISBN:4627600607
  2. 小林輝夫, 機械工学入門シリーズ 機械工作入門, 理工学社, ISBN:4844522752
  3. 山口克彦,沖本邦郎, ーものづくりの基礎ー 材料加工プロセス, 共立出版, ISBN:4320081315
[講義項目]
1:講義概要や成績評価に関する説明.機械製作法における塑性加工法と溶融加工法の位置付け,溶接の重要性,溶接の利点と欠点など
2:溶接の分類,アーク溶接の概要(極性,電源特性,自動化),被覆アーク溶接など
3:サブマージアーク溶接,イナートガスアーク溶接,ガス溶接など
4:抵抗溶接,圧接,ろう付けなど
5:その他の溶接(エレクトロスラグ溶接,電子ビーム溶接,レーザ溶接など)
6:溶接部の性質(溶融金属,溶接熱影響部など),溶接欠陥など
7:鋳造の重要性,鋳造の利点と欠点,鋳造の分類など
8:鋳造の概要(鋳造工程,鋳型の構造,鋳込み作業など)
9:金属の凝固,鋳物の凝固など
10:鋳造欠陥(引け,気泡,割れ,鋳肌不良など)
11:特殊鋳造法(ダイカスト,ロストワックス鋳造法など)
12:塑性加工法の位置付け,特徴と分類など
13:塑性加工の原理(弾性変形と塑性変形,加工硬化と変形抵抗など)
14:加工温度と組織,各種塑性加工法(鍛造,圧延,プレス,押出,引抜きなど)
15:総括評価,解説およびまとめなど
[教育方法]
プロジェクターを適宜用いて視覚的に理解し易いように講義を行う.
前回の講義で行った小テストについて,次回の講義の冒頭で解説を行い理解を助ける.
学会等において情報収集を行い,最新技術と講義内容の関連について適宜説明を行う.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《機械システム工学科機械デザインコース》
(C) 【機械工学の基礎】
機械工学に関する基礎知識を修得し,これらの知識を活用して機械工学に関連する諸問題が解決できる能力を身につける.
[その他]
オフィスアワー: 講義終了後および月曜日第V時限