山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
制御工学I
藤森 篤
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TME309 2 ME,D 3 前期 II
[概要]
伝達関数に基づいたフィードバック制御理論の基礎について講義する。
[具体的な達成目標]
1. 様々な物理システムの伝達関数によるモデリングを修得する。
2. ブロック線図による制御システムの図式表現を修得する。
3. 代表的なシステムの過渡応答と周波数応答を理解する。
4. フィードバック制御系の安定性と定常特性に関して理解する。
5. システムの評価と具体的な評価仕様を理解する。
[必要知識・準備]
本科目を履修する上で、以下の知識が必要となる。
 1. 質点・剛体の力学(ニュートンの運動方程式、ラグランジュの運動方程式 etc)
 2. 理工系の数学(三角関数、複素数、微積分、微分方程式、ラプラス変換、フーリエ解析、ベクトル・行列 etc)
☆カリキュラムの中の位置づけ
・機械工学科カリキュラムにおいて以下の科目を履修しておくこと。
   基礎物理?、応用物理、微分積分学?・?、機械力学、振動工学
 ・後続科目: 制御工学?
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 70  %基本的な重要事項、モデリング、解析手法の理解度を評価する。 
2小テスト/レポート 30  %どれだけ努力して問題に取り組んだか(書き方を含む)を評価する。 
[教科書]
  1. 杉江俊治・藤田政之, フィードバック制御入門, コロナ社, ISBN:4-339-03303-0,
    (1999年)
[参考書]
  1. 志村悦二郎, 自動制御とは何か, コロナ社, ISBN:4-339-03140-2,
    (1990年)

  2. 金子敏夫, 機械制御工学, 日刊工業新聞社, ISBN:4-526-02438-4,
    (1988年)
[講義項目]
1. 制御工学序論
2. ラプラス変換
3. 伝達関数
4. ブロック線図
5. 時間応答1 (インパルス応答、ステップ応答)
6. 時間応答2 (1次、2次系、評価値)
7. 安定とその判別法 (ラウスの方法、フルウィッツの方法)
8. 中間評価・まとめ
9. 周波数応答1 (周波数応答の意味、ベクトル軌跡)
11. 周波数応答2 (ボード線図)
12. フィードバック制御系の特性1 (構成、根軌跡、定常特性)
13. フィードバック制御系の特性2 (ナイキストの安定判別法)
14. 安定余裕 (ゲイン余裕、位相余裕)
15. 総括評価・まとめ
[教育方法]
・講義では、ppt, 教科書を用いて重要事項を解説する。講義日のppt資料を、Yins-CNSより予め入手しておくこと。
・演習は英語で出題する。ただし、解答は日本語でよい。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
・講義に関する連絡はYins-CNSを通じて行う。
・オフィスアワーは火曜日16:00〜18:00。