山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
技術者倫理
手塚 芳一
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TME305 2 ME,D 3 後期 IV
[概要]
科学技術の進歩を人間社会の適正な発展に結びつける役割を担う技術者には高い倫理観が求められるが、これまでの歴史上、倫理観の欠如で各種の問題が発生し、今後もその恐れがある。これからの技術者はさらに発展する科学技術に携わるにあたり、一層充実した倫理的自律性が求められる。これまでに発生した事例などを教訓として、技術者倫理の必要性およびあり方を理解し、倫理問題を解決する方法を学習し能力を養成する。
[具体的な達成目標]
技術者としての自己の社会的責任を認識し、それに基づき実際にどう行動すべきかを自ら考えることができるようにする。社会との交流によって、社会の要請を汲み取り、それを技術的営為の向上につなげることができるようにする。
そのために次の各項を学習し体得する
(1)技術者倫理の意義を理解する
(2)技術者が倫理的に適切な役割を果すために必要な原則、義務などを理解する
(3)技術者の倫理的に適切なあり方を理解する
(4)科学技術の各分野の倫理的課題に対する技術者の役割を認識する
[必要知識・準備]
技術者の不手際や技術の悪用などで発生した社会現象に関心を持ち、各自なりの意見や見方を持つこと。また、各種社会現象に関して技術者の関与を感知し、その仕事ぶりや考え方が結果に影響を与えていることを認識すること。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 35  %技術者倫理全般に関する重要項目に習得度と自分の意見表現力 
2小テスト/レポート 65  %事例等について適切でオリジナリティーのある判断が出来ているか、また技術者の役割についての理解しているか 
[教科書]
  1. 杉本泰治・高城重厚, 第四版 大学講義 技術者の倫理 入門 , 丸善
[参考書]
  1. 畑村洋太郎, 失敗学のすすめ, 講談社
[講義項目]
各回の講義内容
第1回「技術者倫理とは?」なぜ技術者は倫理的責任があるか
第2回「法と倫理」法と倫理の関係及びPL法等の限界
第3回「技術の危険・魔性」技術の危険・魔性への対処
第4回「技術の限界」科学技術の巨大化による問題点
第5回「工学技術とは」工学技術の不完全性と不確実性
第6回「役割と義務」役割の原則(NSPE)と義務
第7回「専門職」技術者が専門職であるために
第8回「組織の技術者」スペースシャトル事故に学ぶ
第9回「内部告発」利害の相反と内部告発
第10回「過去に学ぶ」技術者倫理実現の方法
第12回「CSRと技術者の使命」企業の社会的責任と技術者の求められる課題
第13回「研究倫理」不正行為の現状と研究室の倫理
第14回「学習の必要性」技術者は継続学習で倫理観を維持
第15回 総括評価・まとめ
[教育方法]
・テーマに沿った講義と映像資料を用いた事例紹介で理解を深める
・テーマごとのレポートを提出することにより、技術者としての倫理感を身につける
・またレポートを手書きで書くことにより、自分の考えを簡潔にわかりやすく表現する力を身に着ける
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)