山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
材料力学II
鍵山 善之
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TME212 2 ME,D 2 後期 I
[概要]
材料力学は機械工学の勉強の中で最も重要な学問体系の一つである。機械の強度設計にあたっては材料力学の知識が不可欠となっている。本講義では材料力学の基礎事項の確認に始まり,はりのたわみ,組合せ応力,ひずみエネルギー,柱の座屈,材料の強さと破壊などについて勉強する。特に基礎事項を理論的に考える方法と計算能力の養成を目標とする。
[具体的な達成目標]
1.はりに分布荷重が作用したときのたわみを求めることができる.
2.棒部材に組合せ応力が作用したときの応力と変形を求めることができる.
3.棒やはりに静的および衝撃的な荷重が作用したとき,それらに蓄えられるひずみエネルギーを求めることができる.
4.材料の強さと破壊に関連して,構造材料の破壊形式,応力集中,繰返し荷重による破壊,クリープなどの現象を理解できる.
5.以上の内容を基礎に,講義内容を実際の問題に応用して考える能力を養うことができる.
[必要知識・準備]
『基礎教育』部門に相当する科目の中で特に「数学(微積分学)」と「物理(力学)」に関しての基礎知識を修得しておくこと.また,『基礎工学』部門の中で「材料力学」に関する講義内容を修得していることが望ましい.具体的な科目名と必要知識を以下に列挙する.
1)微分積分学I,II
2)微分方程式
3)基礎物理学I
4)材料力学I
後続科目として,材料力学IIIがある.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %学習内容の達成度を確認 
2試験:中間期 60  %学習内容の達成度を確認(2回の中間試験で60%) 
[教科書]
  1. 西村 尚 編著, ポイントを学ぶ材料力学, 丸善, ISBN:4621032496
[参考書]
  1. 西村 尚 編著, 例題で学ぶ材料力学, 丸善, ISBN:462103152
[講義項目]
1.オリエンテーション
  材料力学?の復習
2.はりの種々の問題(不静定はり)
3.はりの種々の問題(真直はり,簡単なラーメン)
  はりの種々の問題(平等強さのはり)
4.はりの種々の問題(組み合せはり)
5.組み合わせ応力(ひずみの座標変換)
6.組み合わせ応力(モールの応力円)
7.組み合わせ応力(一般化されたHookeの法則)
8.中間総括評価?・まとめ(はりの問題)
9.中間総括評価?・まとめ(組み合わせ応力の問題)
10.エネルギー法(ひずみエネルギー)
11.エネルギー法(相反定理とカスチリアノの定理)
12.柱(両端支持柱のオイラーの公式)
13.柱(柱の座屈)
14.期末総括評価・まとめ
15.評価・総括・まとめ
[教育方法]
1.教科書を中心に講義形式で行う.講義内容をわかり易くするため,できるだけモデル図を使用し,部材内部に生じる応力や変形の状態を具体的に示しながら説明する.
2.講義内容を説明した後には,例題を解き,実際の問題に応用して考える能力を養えるようにする.
3.講義終了後には,適宜,講義内容に関するレポート課題を課し,自ら問題を解決するための能力を身に付けさせるようにする.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
・オフィスアワー:月曜日第V限
・不正行為は厳禁,不正行為があった場合は,学内措置に従って対処する.
・他人のコピーの類と認定される場合,単位は与えられない.
・欠席者・遅刻者の代返(代わりに出席したと名乗る行為)を行ったものは,単位を与えられない.